30代の女性が転職で求められていること

女性の場合、転職活動において30代前半と後半で、求められる違いはあるのでしょうか。やはり、同じ30代といっても30代前半と後半ではかなり違います。

 

30代前半だと求人もありますが、30代後半だと求人の数が減ってきてしまいます。30代の女性の転職活動についてご案内しますので、参考になさって下さい。

 

結婚して辞めてしまう

30代前半の女性の転職では、仕事を覚えた頃に寿退社してしてしまったり、仕事を辞めなくても出産による産休でブランクが空いてしまう場合があります。企業側としては、やる気があっても育成のし甲斐がないと、採用することを躊躇してしまいます。

 

特に、産休制度が整っていない企業では、採用を見合わせてしまう傾向が高くなってしまいます。

 

30代後半になると

30代の女性で一番大きく見られるのは、スタッフレベルの面で管理職やリーダークラスなど、職場を取りまとめられる人です。女性でも自分の仕事だけやっていればいいという訳ではなくて、管理することが出来る能力も求められるのも、30代の前半と後半では大きく違ってきます。

 

30代の後半だと、プロフェッショナルな部分がどのくらいあるかを見られます。もし、専門職としてのスキルが不十分であれば、管理職系の仕事をこなしていくのは厳しいです。

 

20代の後半や30代前半の若い人でも出来る仕事であれば、正直なところ30代後半の人を採用するメリットはありません。30代後半の人を採用する場合は、管理職の仕事を任せられるかどうかという期待が大きいのです。

 

スキルアップをアピール

現在、100%年齢に見合った仕事が出来ていなくても、方向性が定まっていて、それを研鑽している人、スキルアップをしていますという人、管理職の候補者として前職でそういった立場で仕事をしていた人など、きちんと目に見えることを積み重ねていることが大事です。

 

何故なら、採用する側は、管理職として相応しい人物なのかを見たいという気持ちがあるからです。

 

経験の有無

プロフェッショナルなるな仕事をある程度極めているか、役職が付いていなくてもリーダーとして、20代前半から20代後半の方をまとめてきたり、指導していたりといった経験があれば、管理職として芽があると、判断される場合もあります。

 

なので、30代後半の人はそういったことを意識して、転職活動でアピール出来れば上手くいくと思います。

 

会社への貢献度をアピール

どうやって会社に貢献出来るかということを、自分できちんと主張するということが大事です。相手が何とかしてくれるという考え方ではなくて、自分は、こういう分野で会社に貢献出来ますよ、ということが言えるように、30代の後半になったらなっていて欲しいですね。

 

そのためには、30代に入ったら、20代とは違う働き方もしくは、20代とは違う部分で、どういった価値を見出せるか、というところを意識して転職活動を成功させましょう。