女性の転職でも、やり甲斐を求めることが大事

社会人になってから、夢を持って就職はしたものの、必ずしも思い描いた通りの仕事ができず、日々悩んでいる女性社員の人が少なくありません。
「いっそのこと、転職しようかな。」
と考えてしまうようになってきます。

 

そんな時に、どんなことに気を付けて転職を考えればよいのでしょうか?

 

今の仕事に対するやり甲斐感

「あなたは、今の仕事にやり甲斐を感じていますか?それとも、不満を感じているでしょうか?」
このような質問を働いている女性の方に質問したなら、かなりの人が「不満を感じています。」と答えることでしょう。

 

学生時代に就活をして、自分の希望していた会社に入社が出来ました。新人研修期間を終えて、やっと配属となります。その中では、自分の希望した部署に配属になった人のいれば、そうでない人もいるはずです。

 

むしろ、希望した部署に行けなかった人の方が多いのかもしれません。この時点で、すぐに転職を考えてしまう人は論外ですが、
「やっと配属が決まったのだから、しばらくは頑張ってみよう。」
そのように思うことが、普通だと思います。

 

しかし、必死で頑張っているにも関わらず、上司や先輩社員の指導に問題があったり、人間関係が良くなく苦しみもがくことになった時に、初めて
「この職場から離れたい。」
という気持ちが出てきて、新しい仕事を考えてくるのかもしれません。

 

やり甲斐を感じなくなった時に転職を

仕事に楽しさややり甲斐を見つけることができなくなったなら、新しい仕事について考えてみる価値は、大いにあるのです。我慢して今の仕事を続けることも、ある意味では立派なことだと思います。

 

しかし、それでストレスが溜まり身体を壊しても、何の得にもなりません。したがって、この時に新しいステージで活躍できることを模索することは、決して悪いことではないのです。

 

女性が仕事を変わること

一方で、積極的に転職している人も世の中には、多くいるのです。それは男性だけではなく、女性の人々でも少なくありません。

 

「自分の可能性を社会で、試してみたい。」
というチャレンジ精神が旺盛な人々です。

 

男性よりも女性の方々の方が積極的に、立ち向かってさえ感じます。日本では、”転職”に一種の偏見がありました。それは、1つの仕事に1つの会社に腰を落ち着けて働くことができない人という見方です。

 

今では、このような考え方は、時代錯誤といっても過言ではありません。むしろ、欧米のように転職が出来ている人は、キャリアも豊富で能力が高い人と受け止められるようになってきているのです。このように転職することは、社会的にもしっかりと認知されていることなので、自信をもって転職を考えてみるとよいでしょう。

 

キャリアを積んている人もやり甲斐を求めている

ここで、大事なことは豊富なキャリアを積んでいる人でさえ、転職のベースになっていることは、”やり甲斐感”なのです。
”社会に貢献できるやり甲斐感”
”人に喜ばれることでのやり甲斐感”
こんな気持ちを持って新しい環境に飛び込んでいるのです。
もし、今、あなたが悩んでいるのなら、やり甲斐のある仕事を求めることが、転職の成功の鍵となるはずです。