30代女性の転職で注意するべき点

30代女性転職を目指しているという方は意外と多いのです。しかし、不況な今の日本では、30代の女性全員が思うような職場に転職できるというのは限らない…というのが現状です。

 

そこで、30代の女性が転職において注意するべき点はどのような点でしょうか。

 

出産・育児に関する考えは正直に言わないこと

30代女性となると、出産・育児をしても長く働き続ける会社に転職したい…という方がほとんどだと思います。また、子育て中の30代女性であれば、転職先の会社は、子育てに理解がある会社であってほしいという方がほとんどでしょう。

 

しかし、今現代の日本では、出産・育児に理解があり、その環境が整っている会社はほんのわずかなのです。面接では、出産・育児に関することを面接官に聞かれることもありますが、正直に答える必要はありません。バリバリ働くことができる旨を伝え、理解を求めたり、自分のライフスタイルばかりを面接で語らないことです。

 

理解してもらえる会社ばかりではないということを頭に入れておきましょう。育児に関しては夫と協力できるか、協力体制が整っている旨を面接では伝えるようにしましょう。

 

今までの経験をアピールする

30代女性の方が転職を成功させるためには、今まで経験をアピールすることが必要となります。30代女性が転職先で求められるのは、即戦力です。このため、職務経歴書では今までの経歴について詳しくアピールできる材料を集め詳しく書いておきましょう。

 

右も左もわからない人間よりも、即戦力を雇いたい会社は多いです。特に30代女性となると、今までどんな経験をしてきて、会社にどのように貢献することができるのかということが求められるといえるでしょう。

 

面接の会話では、業界の話を詳しくできる方が求められますし、スキルやノウハウがある女性・経験豊富な方が求められます。今までの経験が生かせ、実績を見てくれる会社を選びましょう。

 

残業がない会社を選びたいなら

子育て中の30代女性が選びたい企業として、「残業のない会社」が多いです。子育てがある女性は、仕事と同様に子育てもできるように、ワークスタイルを考えてみたいところです。

 

正直、今の時代に残業がない会社というのは難しい面があるといえるでしょう。そのような余裕のある会社はそれほどないからです。この場合、正社員にこだわらず、派遣・パートタイムという働き方もあります。

 

派遣という働き方は、短期間の勤務というイメージがありますが、派遣社員として自分の興味のある分野で活躍されている30代女性も多くいます。

 

もしも、ライフスタイルを重視つつ、仕事をしたいというのであれば、正社員だけではなく、派遣やパートタイムという働き方も、視野に入れてみることもおすすめです。

 

また、子育てができるような会社・女性が安心して長く働き続けることができる会社を、転職アドバイザーに探してもらうということも一つの方法です。