ブランクのある女性が転職活動を成功させるにはどうしたらいいのか

出産を機に退職し、育児が一段落したので転職をしたいけれど、ブランクがあるので自信がないという女性は多いのではないでしょうか。ブランクの長さや、ブランクの理由にもよりますが、ブランクがあるため転職に自信のない女性のための転職活動についてご案内します。

 

ブランクの理由

例えば、女性でも主婦の方だと半年〜1年どころではなくて、数年単位でのブランクがある方も多いと思います。ブランクは、採用する側からすると、現場感覚を失っているんじゃないかとか、即戦力で採用するには不安があると、懸念を持たれやすいのは確かです。

 

面接官は、正直なところブランクがあると、どうしても疑ってしまいます。それから、パソコンなどの機器が発達している中で、パソコンの知識が止まったまま入社すると、仕事に付いていけず、本人が困ってしまいます。

 

また、ブランクが1年くらいの女性で、退職理由が怪しげだと、9割がたメンタルヘルスかな、と面接で思われてしまいます。そう思われないように、ブランクの理由を明確に納得してもらえるものにすることが大事です。

 

専業主婦の場合

専業主婦のように、何年もブランクがある場合は、面接に応募する自分自身も不安です。仕事から何年も離れている場合は、アルバイトや派遣でもいいので、実際に働いて少しでも現場の感覚をとらえて自信を付けてから、本格的な転職活動をすることをおすすめします。

 

いきなり正社員で、バリバリ働いている現場に入っても、時間の流れなど全ての感覚が、主婦だと違って感じてしまうので、リハビリのつもりで半年くらいアルバイトの経験をしておいた方が、不安を解消して転職活動することが出来ます。

 

面接側としても、半年も現場経験があると見てくれるので、採用する不安を解消することが出来ます。

 

また、子供が小さいと、ちゃんと働けるのか企業側も心配しますから、子供を預かってもらう体制が整っていることも証明出来れば、子供がいても企業側の不安を払拭することが出来ます。

 

ブランク中にブラッシュアップ

ブランクのある女性には、理由があると思いますが、ブランクから次のステップに移る時に、いきなりではなくワンクッション置くとか、明確な理由を説明出来るようにしておくことが大切です。ブランク中でも、自宅で何か補うような勉強をして転職に備えておくことも重要です。

 

ブランク中に転職にプラスになるような資格を取得していたなどがあれば、ブランクの印象も良い印象となります。

 

例えば、金融関係で働いていた方であれば、ブランク中に自宅で英語のニュースを聞いたり、金融情報を毎日チェックするなど、感覚が錆び付かないようにするといったことをしていると、ブランクがあっても自分に自信を持って面接に挑むことが出来ます。

 

面接側も、応援したくなるような、努力をしてきたことをアピールすることが出来れば上手くいきます。ブランクがあるからといって、転職出来ない訳ではありません。事前にしっかりと対策を練ることで、面接で撃沈することを避けることが出来ます。