女性が転職で成功させるために押さえておきたいつのポイント

男女雇用機会均等法という法律があるのにも拘らず、現在の日本社会においてはまだ男性重視の傾向が残っており女性の社会進出や転職のハードルが高いのが特徴です。

 

また女性の場合は結婚、出産、育児など女性として人生の節目の幸せな出来事のため長期休暇を取得する必要もあり、復帰しても元の職場で不当な待遇を受けたり部署を転換させられる事例も報告されています。

 

女性転職で成功するためには何が必要で何を実行すればよいかについて見ていきましょう。

 

自分の将来を見据えたワークプランを立てよう

昨今においては多くの女性が幅広く勤務しており販売や事務、企業の受付や業務オペレーターなど女性であるが故に勤務できる職種も多く存在します。

 

女性が転職を志す際には年収や待遇、休日数も大事な条件となりますが、まず総合職か一般職かの2択を明確にしておく必要があります。

 

女性としての権利でもある結婚、出産、育児という目に見えない因子を採用面接官は常に持っていますので、同じ年齢やキャリアであれば残念ながら男性の方を採用する企業がある事も忘れてはいけません。

 

つまり自分が置かれている状況を客観視して今後どういった働き方をしていくのかの目標を立てる必要があります。これまでの実務経験や資格を活かしばりばりと残業もこなしキャリアアップを計りたいなら総合職、結婚後に寿退社を希望し就業時間も午後5時の定時で帰宅したいなら一般職を選択する事がポイントとなります。

 

時には肩の力を抜いて第三者のサポートを受け入れよう

女性の転職では年齢や雇用形態にもよりますがすぐに転職の仕事が見つかる方もいれば、多くの採用面接に落ち転職活動が長期化する事も予想されます。
また準備期間が短かったり企業の情報を理解していなければ妥協してしまう事で転職成功とは至りません。

 

血眼になって仕事を探す切羽詰まった気持ちは分かりますが、ここは1度立ち止まって第三者からのサポートを受けてみる事で未知なる才能を開花できるかもしれないチャンスとなるのです。

 

女性の転職を応援するサイトは多く女性専用の専属アドバイザーが疑問や不安に思っている事や結婚、出産の事まで全てを解決に導き出してくれますので二人三脚で転職成功へ向けて進むことができるのです。

 

お金に余裕を持った転職活動を

勤務してさえいれば毎月給与が支給されますが女性が転職を考える時に後先考えずすぐに以前の会社を退職したり、転職活動が長引けば当然家賃や生活費など毎月決まった支払いがある事を忘れてはいけません。

 

失業保険を申請する場合でも退職理由によりますが、自己都合退職だと3か月の待期期間が設けられておりこの間無収入となってしまいます。やはり転職を志した段階で準備資金としてある程度の貯金が必要となり、場合によってはアルバイトをしながら生計を立て転職活動を行う事が成功のポイントとなります。

 

企業によっては在籍中の転職活動も許可しているケースもあり、新たな転職先が見つかってから円満退職で転職です事もできますのでこちらも有効に活用する事が望まれます。