転職に成功する女性としない女性の違い

転職に成功する女性としない女性の違いは、どこなのでしょうか。違いは、1つではなく沢山あります。自分では、気が付いていないだけで沢山あるのです。では、どうしたら転職に成功することが出来るのかについて、ご案内しますので参考になさって下さい。

 

行動量

当たり前かもしれませんが、行動量の多い人は転職に成功します。質も大事ですが、量も大事なのです。厳選して応募した1社に落ちても、あまり意味がありません。

 

その1社に辿り着くためには、70点、60点クラスの会社を100くらい応募するフットワークが大切です。転職に成功する人は、70点の会社でも取り敢えずエントリーする、兎に角動くということを実践されています。

 

そして、中々面接に受からないという人は、厳選に厳選を重ねて100%のところにしか応募しない傾向があります。応募して、厳選した会社の面接に落ちると、物凄く落胆して復活するのに何週間もダラダラしてしまいます。時間が経つと、どんどんモチベーションも落ちてしまいます。

 

どんどん応募する

転職に成功することが出来ない女性は、真面目に考え過ぎているところがあります。まずは、ビジネスライクに数を沢山応募してみるといった、行動量を増やしていくことをおすすめします。

 

行動量が、転職活動を成功させるポイントの一つとなります。量をこなしていくと、だんだん何をしたらいいのか分かってくるので、面接の質も上がってきます。自分の経歴で通りやすい会社も分かってくるので、書類が通る確率も高くなります。

 

応募するのも実際の面接も行動して、沢山数をこなすことで、感覚を掴んでいくことが出来るようになります。

 

1社の内定にしがみつかない

転職は、内定をもらってOKではなくて、入社してから活躍出来る会社に入ることが大事です。行動量が少ない人は、たった1社受かると、それが凄く大事に見えてしまう傾向があります。

 

しかし、前職よりも待遇が悪い会社であっても、やっと「受かったこの1社を手放したくない」と、しがみついてしまうのです。沢山転職活動している女性は、面接量をこなしているので、会社を見る目も養われています。

 

1社だけ受けて、合格すると「ラッキー」と、思ってしまいますが、もしかするとアンラッキーなことかもしれません。色々な会社の面接を受けて、面接官に直接会うことで、自分の感覚とか目が磨かれてくることによって、考えがまとまってきた時に内定が出るという状態が実は、一番幸せな転職と言えますし、外れが少ないです。

 

素直に耳を傾ける

転職は、内定を取ることが目的ではなくて、長く続けられる仕事、自分に合った仕事を探すことが出来た人が、本当の転職成功者です。それから、転職に成功する女性は、人の意見やアドバイスを素直に聞いて実行することが出来る人でもあります。

 

頑なに自分を変えようとしない人は、転職活動に時間がかかってしまう傾向があります。耳が痛くても、周囲からの評価に耳を傾け、転職市場の中で自分がどういう風に見えるか把握して、素直に聞いてみましょう。