女性が転職面接で聞かれる質問をチェック

転職面接を受ける男女に対して、面接官は異なる質問をするのが一般的です。そのため面接対策を行うにあたり、男女は異なる準備を行うことが必要です。

 

では面接官は女性の転職希望者に対し、どのような質問を行うのでしょうか?ここでは一般的な質問のうちの二つを取り上げます。ではそれらの質問に対してどのように返答すればよいのかを、見ていくことにしましょう。

 

結婚や出産に関する質問

仕事のできるキャリアウーマンはたくさんいます。企業はそのような人に仕事を続けてほしいと思うはずです。しかしキャリアウーマンは結婚した後、家庭を守るという重要な役割を果たさなければなりません。

 

また出産した場合、子どものお世話という仕事にも携わる必要性が生じてきます。そのため結婚後に退職するキャリアウーマンは少なくありません。

 

こうした状況に伴い、20代から30代の転職を希望するキャリアウーマンに対して、面接官は結婚や出産に対する考え方を尋ねることがあります。この場合結婚後も仕事を続けていきたいと思っているなら、家庭と仕事を両立するための具体策を述べることができます。

 

「夫になる人と家事を分担する」とか、「出産後は母親の助けを得て子どもを育てる」といった具体策は、説得力があります。

 

キャリアに関する質問

「部下をまとめ上げるようなポジションで働くのは男性であるべき」という考え方が浸透しています。確かに男性には統率力がありるために、リーダーシップを取るのに適した存在であるといえます。しかし職種や職場によっては状況は異なります。

 

たとえばレディース関連の企画や商品を扱う企業などは、同性の気持ちを理解できる女性社員でプロジェクトが勧められていくことがあります。そのようなケースではまとめ役として活躍する人物も当然のことながら女性であるのが主です。

 

また女性の気配りや柔軟な発想が仕事に大きな影響を与えることもあり、このような存在が重宝されているのも事実です。こうした状況に伴い、リーダーシップを取れるキャリアウーマンを育てたいとい感じている企業がたくさんあります。

 

そのため面接時に自分を過小評価しておとなしくしているのではなく、これまでの業績や経験、そして得ているスキルなどを積極的にアピールするべきです。

 

事前の準備は重要

このように転職の際には男性とは異なった質問を尋ねられるのが一般的です。特にすでにキャリアを積んでおり、仕事ができる人物に対しては企業はそれなりの給料を提示しなければなりません。

 

つまり企業が行う事業を促進するために、給料という形で大きな投資を行うわけです。しかし貴重な存在が結婚や出産のために退職してしまっては、企業が思い描いていた将来を訂正しなければならなくなります。そのため結婚、そして出産に関しては採用前に明確にしたいという企業がたくさんあるのです。

 

また先にも考慮したように、男性とは異なる特質を持つ女性に活躍してほしいと感じている企業もたくさんあります。そのためこれまでの業績などをはっきりと述べることも、転職を成功させる秘訣です。これらの質問に対して、その場でわかりやすく答えるのは、決して容易なことではありません。

 

そのため今回考慮した二つの質問に対する答えを事前に考慮しておくことは、非常に大切です。