女性の転職スタートは転職サイトに登録から

20代・30代女性でも、寿退社をして専業主婦に収まるという時代ではなくなりました。できれば子供を保育所に預けられる年齢になったら、仕事に復帰してずっと働きたいという人が増えています。そのため、転職する女性も多くいます。

 

ネット上には良い企業が沢山出ていますが、世の中の殆どの企業はそんなに有名もないので、実績で見ていくしかありません。例えば、女性の管理職がいるかとか、子供がいる方で働いている人がいるか、育休などの制度を使って仕事をしている先輩女性がいるかなどがポイントとなります。

 

求人の募集要項に育児休暇制度ありとか、女性管理職雇用制度ありといったことが書かれている企業が、目安となりますが、実際にはこれから女性を採用していこうと取り組み始めたばかりの企業も沢山あります。企業が、どのようにしたいのか、というところを人事の責任者や採用する部署の上司にあたる方などの考えをきちんと聞くことが重要です。

 

20代・30代女性転職者が気を付けたい事

20代・30代女性転職者が、気を付けなければいけないのは、面接でそのことばかり聞いてしまうと、育休などの制度を利用したくて入社したいのかな、と思われてしまうことです。そうなると、20代・30代女性転職者の採用される確率は遠のきます。

 

制度ばかり気にして、ちゃんと仕事してくれないのではないかと、印象を悪くしてしまうのです。採用した途端に、育休などを取られると、会社側としては凄くダメージとなります。そうなると、次に採用する時に、そういう女性を避けたいと思わせてしまうことにもなります。女性が女性の足を引っ張るという状況になってしまうので、面接時での質問仕方に気を付ける必要があります。

 

自力で転職活動を行うよりも転職サイトに登録した方が良い!

20代・30代女性転職者は、自力で転職活動を行うよりも、転職サイトに登録して、転職活動を行った方が、自分の希望する条件の企業を担当者が、紹介してくれるので、面接で会社の条件などを根堀り葉堀り聞く必要がなくなります。

 

やはり、面接の時は主に仕事の話をして、最後に質問がないか聞かれたら、「長く働いていきたいんですが、子供がいても長く働いている人は多いですか?」と、サラッと質問する程度に留めておけば、それ程マイナスにはならない筈です。

 

転職サイトでは、20代・30代女性転職者の希望に沿った、経験を活かした仕事や、小さな子供がいても働きやすい仕事を見つけることができます。登録することで、非公開の仕事も紹介してもらうこともできます。

 

複数の転職サイトに登録しておくこと!

転職サイトの登録は、無料なので、複数の転職サイトに登録しておくことをお勧めします。転職サイトに登録する場合は、自分にマッチした転職サイトを探して登録するとよいでしょう。

 

登録する際は、職務経歴書の書き方が足りない方がいらっしゃいますのが、適当に記入して転職サイトに登録するのは、不利となりますので、面倒でもしっかりと記入しましょう。

 

詳しく書くことで、転職サイトの担当者が、自分に合った仕事を紹介しやすくなるのです。働きながらだと、転職活動がバレてしまうという場合は、現職の前の直近の仕事を記入しておきましょう。