女性が転職を成功させる為に準備しておくこととは

最近では女性も重要な戦力として採用する企業も増えてきました。女性でも能力があれば良い条件で転職をすることも可能なのです。女性が転職を成功さる為に役立つ準備とはどの様なものがあるのでしょうか。

 

オフィスで役立ちそうな資格は取得しておく

女性に人気の職種として「事務職」があります。事務職はオフィスワークにおける全ての仕事が含まれるので正確な処理能力やスピードが求められるのですが、専門性が低く派遣でもカバーできるので、実際の求人数は少ないのです。

 

女性が転職する際に事務職として探していると、中々求人が見つかりません。しかも30歳を過ぎると事務職はキャリアとして見なされないことが多く、転職がより難しくなります。

 

今時会社でパソコンを使えない女性というのはまずいません。パソコンは必須条件であり、SEレベルにならないと特技とは言えないのです。女性で事務職での転職を目指しているならば、目に見える資格を持っているべきです。

 

パソコン関係ならば「MOS検定」、事務職一般では「日商簿記2級」「TOEIC」「ファイナンシャルプランナー」「社会保険労務士」等があると能力がある証明になります。

 

事務職だけを狙わない

ネットの転職サイトで希望職種として「一般事務」で検索をしても、中々条件に合った仕事は見つかりません。事務職だけではなく、営業アシスタントや経理・総務事務、貿易事務など幅広く視野に入れてみましょう。

 

未経験からでもOKの職種であれば挑戦してみると、意外と一般事務のスキルが生かせるものです。上記の職種は社内の雑用ばかりではなく、実務経験を積むことでキャリアアップに繋がります。

 

求人に応募する際には自己PRのひとつとして「物事の優先順位を付けることができる」という点を伝えましょう。女性を採用する時には企業は「すぐに感情的にならずに冷静な判断ができること」を重視します。エピソードを考えておき、常に周囲の状況を把握しながら働けることを伝えましょう。

 

結婚・出産については明言をしておくこと

女性が転職をする際に一番企業が関心を持つのが「結婚・出産(育児)」に関することです。特に独身女性の場合は、結婚予定や子供が出来たらどうするかなどを詳しく訊かれることもあります。

 

女性ならばこれらの人生の転機に関してきちんとプランを立てておくべきです。今時結婚しても働き続ける女性は少なくありません。但し転勤ができない、逆に夫が転勤が多くてすぐに辞めてしまう可能性がある、などは職種によっては不利になります。

 

最初から転勤の可能性がある会社に応募はしないか、面接で通勤可能な範囲内への異動ならば可能であることを伝えておきましょう。

 

出産・育児に関しては夫や婚約者と話し合い、早目に対策を立てておきます。女性が転職をする際にはパートナーとの話し合いもしっかりしておき、いざとなったら両親の協力も得られる様に打診しておきます。

 

人生何が起きるか分かりませんので、実際に入社してもやっぱり辞めなくてはならない事情が発生する場合もあります。会社もいつ経営が悪化するか分かりませんので、あまり先のことまで真剣に考える必要はないのです。