女性が転職する際に考慮するべきこととは?

女性転職は容易ではないという印象をい抱きがちです。果たしてこのような理解は正しいのでしょうか?確かに独身であろうと、結婚していようと、男性は必ず働かなければなりません。

 

しかし女性の場合は別です、結婚して家族を持つと家庭を世話することに専念するために、社会に出て働くという人は激減します。特に子どもが生まれた場合はなおのこと忙しくなるために、幼い子どもを持つ主婦が社会に出て働くことはそう多くはありません。

 

このような実状に基づき、企業は女性に対して「いつかは退職してしまう存在」という印象を抱きがちです。しかし中には仕事が好きで、社会に貢献することで常に輝いていたいという人もいます。

 

ではそのような人が転職を希望する場合、どのような点を考慮すべきなのでしょうか?この点について見てみることにしましょう。まずは見落としがちな意外な事実についてお話します。

 

実は選択肢が多い

男性に比べると選択肢が少ないように思われがちですが、実は女性の転職のほうが選択肢が多いというのが現状です。

 

その理由は正社員となることを目的として新たな職を探す男性が多いこととは異なり、契約社員やパートタイムといった雇用形態でもかまわないという女性が多く、企業もその実情を把握して人員を募集しているからです。

 

正社員として働くことを目指している女子向けの求人は、事務や販売員といった仕事が多く見受けられます。これは細かな作業を行う能力が男性よりも秀でていることや、人当たりの良さなどが考慮されてのことです。

 

また派遣社員やパートタイマーとしての転職を考慮しておられる人は、上記で述べた職種に加えて製造業など職種が加わります。製造業といっても細かな作業が求めらてる職場が多く、そのようなところでは器用さがものをいいます。

 

またお弁当の製造業などでも人員が求められており、このような職場では調理経験者が活躍しています。もちろんこの他にもたくさんの職種の女子向けの求人募集があり、選択肢は多数存在します。

 

本心は意外と表情や言葉に現れる

これまで得てきた経験やスキルを活かせる職場へ移動する場合、それは男性の場合と同様にキャリアアップの可能性を秘めています。

 

最近では開発などに関わっているキャリアウーマンも多く、そのような人は自分を売り込む形で新たな職場探しに励むことができます。こうした形での転職は、面接時にいかに自分をアピールするかにかかっています。

 

基本的なアピールの仕方は履歴書にこれまでの業績や得ている資格、そして経験などを書き記し、面接官がその点について尋ねてきた場合に詳しく述べるというのがスタンスです。

 

しかし新たな職場で自分を活かしたいものの、ある程度仕事を楽しんだら結婚して退職するといったビジョンを持っている場合、それが表情や言葉に現れてしまうことがあります。

 

面接官の中にはこの点を巧みに聞き出すための質問を投げかけてくる人もおり、本心をさらけ出す結果に陥りかねません。こうしたことを避けるための一つの手段は、新たな職場での目標をスパンを設けて達成したいことを告げるというものです。

 

たとえば「自分は前職場で5年かけてあるプロジェクトを成功させたので、新たな職場でも5年スパンでいくつかのことを成し遂げたいと思っています」といえます。そのようにいうことで少なくとも5年間は新たな職場で一生懸命働くことをアピールできるのです。このようにして自分を巧みにアピールすることは非常に重要です。