女性が転職で面接する時の服装は?

20代・30代女性転職の面接の際に着用する衣服に関しては意外と悩まされるものです。個性が受け入れられる時代であるために個性的な服装がいいのか、それともかしこまった服装がよいのか、この点は時代の流れを把握していなければ理解できない事柄であると感じてしまいがちです。

 

しかし転職面接の場合は個性を考慮する必要はありません。オーソドックスなスーツがベストです。素材の違うスカートやワンピースにジャケットを合わせてもかしこまった印象を与えることが可能ですが、まれにこうした服装でも受け入れられないことがあるために注意が必要です。

 

スーツのカラーは?

スーツのカラーに関してですが、ダークカラーが一般的です。グレー、ネイビー、そしてブラックといったものが好まれていますが、この点に関しても注意が必要です。まずグレーやネイビーのものは明るすぎるとカジュアルな印象を与えてしまうことがあります。そのためあまり明るすぎるものは避けるようにします。

 

そして多くの人によって好まれているブラックですが、実はこのカラーは冠婚葬祭のときに着用されるもので、転職面接の服装としては本来受け入れられません。

 

しかし20代・30代女性のような若い年代の人たちにとって、ブラックカラーのスーツはかしこまった服装の一部として受け入れられています。男性でもブラックカラースーツは仕事着として普通に着用されていますので、多くの企業はブラックカラーのスーツに対して受け入れ姿勢を取っています。

 

しかし面接官の中にはこの点に関する常識に厳しい人もおり、まれではあるもののブラックカラーのスーツを面接に着用することなど考えられないと意見する人もいます。そのためいざというときのことを考えると、ブラックカラーのスーツは避けたほうが無難です。

 

「スカートスーツ」と「パンツスーツ」ならどっちが良い?

またスーツにはスカートスーツとパンツスーツとがありますが、一般的に転職の面接の際はどちらを選んでも問題はありません。20代・30代女性は仕事に対して熱心であり、会社にとっての大切な戦力となる存在です。それで活動的でエネルギッシュな印象を与えたければパンツスーツのほうがよいでしょう。

 

一方でスカートスーツは落ち着いた印象を与えます。そのため落ち着きのある人が求められるような職種に転職する場合の面接では、スカートスーツのほうが向いているといえます。

 

20代・30代女性はおしゃれな人が多いために、オーソドックスなスーツを着用する中でもおしゃれを組み込みたいと感じるものです。そのような人はインナーにライトピンクのものなどを合わせておしゃれを楽しむことも可能です。

 

インナー、ストッキング、ヒールはどうすればいい?

インナーに関しては無地のシャツやカットソーを着用するのが一般的ですが、カラーはホワイトやベージュ、それにライト系のものがベストです。またストッキングは目立たないベージュのものが基本であり、靴に関してはスーツのカラーにマッチしたものを選ぶようにします。

 

またヒールが高すぎるものはNGで、3センチから5センチの間にとどめておくようにします。このようなスタイルは20代・30代女性にとっては少し物足りないと感じることがあるかもしれませんが、好印象を与えるためのポイントをしっかりと抑えておくことは非常に重要なのです。