体験談H:38歳でエステサロン受付業から個人向け営業職に転職成功!

現在54歳、結婚情報サービス会社で正社員営業職として仕事をしています。35歳で離婚をし、子どもは28歳の娘と26歳の息子がいます。

 

今回は、38歳のときに転職に成功したのでその経験をお話したいと思います。

 

前職はエステティックサロンの受付業務に正社員として従事していました。転職後は結婚情報サービス会社にて営業職に就いています。こちらも雇用形態は正社員です。

 

結婚情報サービス会社は、結婚を望む方が会員となり、会員同士のお見合いやパーティーを通じて結婚相手を見つけるためのサービスです。

 

会員になるためには一度無料で相談にお越しいただくことになっており、営業職の社員がお越しいただいた際にサービスの説明やヒアリングを行い入会に繋げます。

 

このような新規顧客獲得の業務と、すでに入会している方へのアドバイスやフォローアップ(お見合いのセッティングやセミナーの開催など)を主な業務として行います。

 

また、会員様とのやり取りや数字の管理など、事務作業も同時に行います。

 

前職の受付業務から転職をした理由は、給与UPのためでした。離婚後は2人の子どもの学費や生活費を一人で賄う必要があり、今後のことを考えると少しでも多くお金が必要でした。

 

ちょうど上の子が高校受験をするタイミングで転職することを決断した次第です。

 

転職から15年以上たちますが、転職をしてよかったと思っています。このお仕事は女性が年齢を重ねるほどに活躍できる職種です。顧客の年齢層は幅広く、経験の浅い女性は顧客からの信頼を得るのが難しいと感じます。

 

また、「結婚」というプライベートな部分に踏み込み、時には厳しいアドバイスをすることもあるので、年齢を重ねているとお客様に耳を傾けてもらいやすいという部分が正直あります。

 

自分自身も、アドバイスをする上でお客様がどんな方なのか「本質を見抜く」力が必要になるので、その点でも年齢を重ねるほど有利です。アドバイスをする身として、結婚・出産・離婚を経験をしたことも、説得力となり活きています。

 

自分自身が人生経験をすればするほど、直接的に顧客から信頼されやすくなるため、長い目でみても女性が活躍しやすいフィールドです。

 

結婚情報サービス会社の営業職は、とにかく忙しいです。できればすでに会員となり婚活をしている方に、親身になって相談やアドバイスをしたいと常々思いますが、新規顧客獲得やその他の業務に追われフォローしきれないことがあります。業界全体として人手不足なので、ぜひこの職種にチャレンジする女性が増えればと思っています。

 

結婚情報サービス会社の営業職は、女性が年齢を重ねてからでもチャレンジできる職種です。ただしハードワークなので、その辺りは覚悟が必要です。
自分が担当していたお客様の結婚が決まったときの喜びは大きく、幸せそうな笑顔で報告をしてくださる姿をみることがなによりもうれしい瞬間です。

 

「人の本質を見て的確なアドバイスをするのが得意」であったり、「人の幸せに関わる仕事をしたい」と考えている方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。