20代・30代既婚女性が転職する際の注意点とは

20代や30代の既婚女性にとっての転職は、どうしても「既婚」という点を意識させられてしまうものです。

 

本当はもっともっと自分自身の力を試してみたいと思っても、既婚者という肩書のおかげで自分自身にブレーキをかけてしまっている人も多いのではないでしょうか。

 

実際、周囲の声を聞いてもなかなか上手く転職出来そうにないので結局ずるずると今の職場で不満を抱えながら働いている既婚女性はとても多いと言われていますが、20代や30代のまだまだ「若手」にカテゴライズされる既婚女性が転職する際、どのような点に気を付けると良いのでしょうか?

 

子供の有無

やはり企業側としてはこの点は重要視するでしょう。子供がいるとハンディになるという意味ではなく、どうしても子供に対して親としての責務があるものです。仕事に支障をきたすような存在となっているようでは企業側としても本音では「雇いたくない」なのです。

 

そのため、企業側に子供の心配はいらないというアピールをすることも大切です。子供の環境が整えられている点をアピール出来れば、企業側としても引っ掛かっている部分が一つ消えます。

 

どのような意識で仕事に就くのか

転職先が知りたいのはこの点です。遊び半分で転職する女性はいないとは思いますが、相手企業としては転職してくるくらいなら家庭よりも仕事を優先するくらいの決意でいてもらいたいと思っているのも確かです。特に子供です。

 

「子供が出来たら育児休暇を」とは思っていても、転職してすぐに育児休暇となれば会社としてもあまり良い気分ではないでしょう。自分自身の居場所を失いかねません。

 

まずは自分自身が「子供や家庭よりも自分のキャリアを伸ばしたい」という姿勢を見せなければ転職は難しいのです。中途採用する企業側としても、即戦力を雇いたいのであって、育児休暇がちらついている女性は本音では敬遠したいと思っているでしょう。

 

子供がいるのであれば先の話同様、子供をどうすべきか。いないのであれば今後の家族プラン。それらを企業側に伝えることも既婚女性の転職には必要になってくるでしょう。

 

続ける覚悟はあるのか

企業側はこれも見たいでしょう。既婚女性の場合、「家に入る」という選択肢もありますので、会社で思うようにいかないことや、嫌なことがあった場合、会社を辞めるという選択肢もあります。男性の場合、生活がかかっているので多少嫌なことがあっても辞めるに辞めれません。

 

ですが既婚女性の場合、企業側はどうしても「辞めてしまうのではないか」という意識を持っているのも事実です。そのため、転職の際には「多少のことでは辞めるつもりはない」といったアピールも大切になります。

 

企業側は既婚女性であれ独身女性であれ、雇うからには長く働いてもらいたいと思っているのです。

 

「覚悟」というと少々大袈裟に聞こえてしまいますが、どれだけの決意をもって入社しようとしているのか。企業側は既婚女性に対してこの部分を見たいと考えているのです。