転職したい20代・30代独身女性が気になる事3選

「キャリアアップを目指したい」「自分に合った職場で仕事がしたい」といった理由で転職を考えている20代、そして30代独身女性はたくさんいます。しかしそれに伴う不安が生じるのも事実です。ではこの年代の独身女性が転職する場合、考慮すべき重要な点のうち3つをここで取り上げたいと思います。

 

年代に見る役割

従業員に求められる役割は年代によって異なるのが一般的です。たとえば2代前半の若者は頭が柔らかく、様々なことを容易に覚えることができます。そのため将来の戦力として見られることが多く、大きな期待が寄せられます。

 

その反面、最初のうちは比較的容易な仕事を与えられることも多く、いわゆる「教育」や「訓練」からスタートすることが多々あります。そのため新たな職場ですぐにやりがいのある仕事が与えられることを期待すると、その期待が裏切られることもあります。

 

その一方で20代後半や30代の人は仕事に関する経験やスキルを有しており、尚且つまだまだエネルギーに満ち溢れています。そのため即戦力として用いられたり、いきなり重要なポジションが与えられることもあります。

 

この年代で新たな職場に移動する人の多くがキャリアアップを目指しているというのも理解できます。

 

警戒されること

20代、そして30代の独身女性が転職するうえで、一番警戒されることは結婚でしょう。実際、結婚がきっかけで退職する人はたくさんいます。そのため結婚の予定が当分なければそのことをはっきりと伝える必要があります。

 

また付き合っている人がいたり、結婚する予定がある人は結婚後も仕事を続けていく意思があることをはっきりと伝えるべきです。

 

しかし結婚後に妊娠した場合、仕事を休まなければなりません。正直、このようなことを警戒して30代の独身女性の採用に前向きではない企業があるのも事実です。このような点もしっかりと思いに留めておく必要があります。

 

20代半ばから後半がねらい目

給料に関係なく、自分に合った職場を求めて転職する場合、年齢を気にする必要はありません。むしろこの場合は若ければ若いほど状況が有利に働くこともあります。若者は順応性が高く、仕事を覚えるスピードも速いからです。

 

そのため20代前半の人であっても成功する確率は非常に高いといえます。しかしポジションや給料のアップが目標である場合、状況は多少異なります。これらの点で成功している独身女性の多くは、年齢が28歳から30歳頃に転職しています。

 

また社会人として少なくとも3年から5年の経験を有している人の間にも成功者が多くみられます。そのため年齢が20代後半から30歳であり、社会人としての経験が3年以上ある人は、キャリアアップのチャンスかもしれません。

 

もちろん新たな職場で働く目的はそれぞれ異なります。しかし目的を達成するためには企業がどのようなことを求めているのかに注目することがポイントとなります。これまで考えてきたように、性別によっても企業の社員に対する見方は異なります。

 

この点をしっかりと思いに留めつつ、新たな職場探しに励むことができます。