30歳女性は、結婚か転職か?どちらも手に入れられない?

仕事を続けたいけれども家庭を持ちたいと感じている女性は大勢います。そして出産や子育てのことを考えると30歳という年齢が節目であると考えられており、この年齢に近づいている女性は仕事を続けるか、それとも家庭を持つかで心が揺れ動くことがあります。

 

とりわけある程度の経験やスキルを得ており、それらを活かして転職してステップアップを目指している場合、なるべく早く結論を出したいというのが本音でしょう。

 

ではこの重要な質問に対する答えをどのようにして見出すことができるのでしょうか?では選択によって生じる生活の変化について少し見てみることにしましょう。

 

現実を見据える

結婚という選択肢を選んだ場合、状況がこれまでとどのように変化するかを考える必要があります。まず配偶者となる男性は妻に家庭を管理する役割をしっかりと果たしてほしいと思うはずです。

 

また夫が帰宅したときに妻が出迎えてくれるなら、非常に嬉しく感じます。このように夫を支えるという大切な役割を妻は果たさなければなりません。

 

30歳の女性が結婚しても仕事を続ける場合、仕事と家庭の両方にエネルギーをつぎ込まなければならなくなります。もちろん夫もそのことを理解し、仕事を続ける妻に対して無理な要求はしないはずです。

 

それでも夫の気持ちを考えるなら、仕事を継続することと結婚を同時に行うことは決して簡単なことではありません。

 

このことを踏まえると、転職して新たな環境で仕事を行うことと結婚を同時に行うことは決して容易ではないことが理解できます。そのため結婚か転職のどちらかを選択するほうが無難であることが理解できます。

 

仕事をチョイスした場合

では30歳の女性が、仕事をチョイスした場合はどうでしょうか?冒頭でも述べたように、30歳という年齢はある程度の経験や仕事に関するスキルを有しています。そのため転職した場合、即戦力として活躍することができます。

 

このような状況に伴い、ポジションや給料がアップすることも見込まれます。こうしたことを考えると、この年齢で転職することのメリットは大きいといえます。

 

しかし仕事が忙しくなればそれだけ時間やエネルギーが必要となり、家庭を十分に顧みることができなくなる可能性も高くなります。また子どもを持つことを考えておられる場合、子どもと過ごす時間が限られてしまうことを思いに留めておかなければなりません。

 

迷いが生じたら

30歳の女性が結婚か、それとも職場を移動してキャリアアップを試みるかで迷った場合、仕事に関する実情をよく理解する必要があります。

 

「結婚する機会が訪れたのにそれをパスするだけの価値が仕事には存在するのか、結婚を遅らせることで高齢出産などのリスクが生じることを思いに留めているだろうか」ということを自問することもできます。

 

最近では結婚や出産のために職場を離れた人たちを積極的に採用している企業などもあります。そのような企業の助けを得ることで、ブランクがあっても仕事復帰することが可能なのです。

 

もちろん以前の経験やスキルが考慮され、採用、不採用が決定するわけですが、こうした取り決めは多くの人にとってメリットをもたらしています。