仕事を辞めたい女性が考えておくべき3つ事とは

生活をしていく上で仕事というものの存在はとても大きな意味を持ちます。その為仕事辞めたいと考える女性がいた場合、少なくとも3つの事について考えておく必要があります。

 

これは仕事を辞める決断をするうえでとても重要な意味を持ちますし、これら3つの事を考えずに仕事を辞めてしまうと必ず後悔することになります。

 

仕事を辞めた後の生活をどうするか

仕事を辞めたいと考える理由は人それぞれだと思いますが、問題となるのが仕事を辞めた後の生活をどうしていくのかということです。仕事が合わない、人間関係に浸かれたなど辞める決断をすること自体は個人の自由ですのでそれに関しては自分の決断を優先させても良いでしょう。

 

しかし仕事を辞めるということはその時点で一切の収入源を絶たれることになります。その為仕事を辞めた後にすぐ転職等をしないのであれば、その間の生活を維持できるだけの蓄えを用意しておく必要があります。

 

仕事を辞めれば失業手当があるから大丈夫と考えているのであればそれは大きな間違いであり、個人的な理由で辞めた場合にはすぐに失業手当は支給されませんし、支給される期間も働いていた年数などで大きく違ってくるので失業手当に頼ると言うのも問題となります。

 

なにより働く気持ちが無い人には失業手当は支給されませんので、ただ単に仕事が面倒だからといった軽率な理由で辞めてしまうのは問題だと言えます。

 

 

女性の場合結婚などで辞めたいと言うのであれば専業主婦に専念するという方法もありますが、それ以外の女性は辞める決断をっかりと熟考して決めましょう。

 

転職したくて辞めたい場合には

仕事を辞めたい女性の場合、転職を考えて辞めるのであれば自分の経験やスキルが転職するのに有効かどうかをしっかりと考えておく必要があります。

 

職業選択の自由があるので男性でも女性でも自分の仕事を選ぶ権利はありますが、その為には雇ってくれる企業があると言うことが前提となります。

 

その為辞めた後に雇って貰える予定もない、転職したくても何をすればいいのか分からないと言う状態では辞め損になることも考えられます。そのため転職を決意して辞めるのであれば、次の転職先の目星をつけたうえで辞めるほうが良いでしょう。

 

もし辞めた後に転職活動をするのであれば少なくとも3ヶ月は活動期間が必要だと考え、その間の生活に問題が生じない準備もするべきでしょう。

 

家庭がある場合と無い場合に考えるべきこと

女性の場合すでに結婚して子供がいるといったケースも考えられますし、まだ独身で家庭を持っていないと言うケースも考えられます。その為仕事を辞めるのであればそういった状況もしっかり考えたうえで決断をする必要があります。

 

例えば独り身の場合には辞めることで誰にも迷惑がかからないと考えてしまいがちですが、辞めた後の生活が困窮した場合親や兄弟に頼らなければいけなくなることも考えられます。

 

結婚している場合にはいきなり辞めてしまうと家庭の収入が激減することにもなるため家族の同意を得ると言ったことも必要になります。どちらのケースでも必ず誰かに迷惑をかけたり心配をかける可能性があるので、その点もしっかりと理解しておくことが重要と言えるでしょう。