【面接の定番質問】退職理由を聞かれたときの回答のコツ

退職には、内容は異なれどそれぞれに理由が存在します。転職する際は、当たり前ですが退職理由を聞かれます。ですが、答えようによっては印象を悪くしてしまったり、この人はうちでは雇いたくないなと思われてしまう可能性があります。もちろん、退職理由を聞かれた際にどう答えればよいのか、コツは存在します。

 

退職理由:1つ目

1つ目は、円満退社をしたか否かと聞かれたときです。円満だったかどうか受け取り方は違うかもしれませんが、もし円満退社ではないと言ったとき、相手に与える印象を考えてみてください。

 

この人はもしかしたら、会社といざこざを起こしてしまう人なのではないか、嫌だと思ったらすぐに辞めてしまうのではないかと考えてしまう人だっているかもしれません。もしかしたら、退社させられたのではと深読みする人だっているかもしれません。

 

人を採用するには少なからずリスクがあるわけですから、こういうふうに言われてしまうと、この人はリスクがあるのではと思われてしまうかもしれません。円満という言葉は使わないにしても、いざこざが無かったことは伝えたほうが良いでしょう。

 

退職理由:2つ目

2つ目は、前向きな考えで転職しているかと聞かれたときです。先ほども説明したように、退職理由は人それぞれです。ですが、それがマイナスなものであっては、相手も不安に思ってしまいます。

 

マイナスな考えで転職をしようとしているのであれば、それはモチベーションにも関わることです。やる気が無い人を採用しようとは思いませんし、そんな人は願い下げでしょう。例え同じくらいの能力があったとしたら、前向きな人を採用したいに決まっています

 

自分は前向きかつやる気があるということは、しっかり示したほうが良いでしょう。前のめりすぎはどうかと思いますが、前向きであることはしっかり伝えておかないと自分の思いは伝わりませんし、大人しいとやる気が無いように見えてしまうかもしれません。

 

退職理由:3つ目

3つ目は、人間関係に問題がないかどうかです。ここに関しては、仕事をする上でこれ以上ないくらい本当に大事なことですし、退職理由になってしまうのも珍しくはありません。

 

人間関係に問題がある人だと、いくら能力のある人でも敬遠されてしまいます。人の話を聞かなかったり、自分の話をするばかりの人はいます。ですが、そういうのは面接で見破られてしまうことでしょう。

 

また、過去に何かなかったか聞かれると思います。何も無かったというのも、なんとも胡散臭い答えに聞こえてしまいます。下手に嘘をつくと、それが退職理由だと思われてしまうかもしれません。

 

ですので、会議で言い合いになったことがあるけど話し合いで仲直りしたとか、そういうふうに正直に伝えたほうが、この人はちゃんと関係を立て直せる人だと考える人もいるかもしれません。

 

もちろん、本当に何事もないなら正直にそう伝えれば良いのですが、嘘をつけば人によっては見破られてしまいます。そうすると印象は一気に悪くなってしまうので、気をつけてください。