【面接の定番質問】職務経験を聞かれたときの回答のコツ

転職をしたいとお考えの方にまず御一考いただきたいことは、今まで自分が培ってきた経験やスキルは他の会社に移るにあたって、どの程度の価値があるかということです。

 

応募したい企業さんが決まっていて、それに合わせて今からスキルを獲得するため勉強していく余裕がある、という方はこれから時間を掛けていけばいいのですが、すぐにでも転職をしたい、そんな暇も余裕も無いという方には、これまで培ってきて、今ご自身が手持ちの中から相手企業さんのハートを掴むようなカードを探し当て、その場その場で上手に切っていただかなくては転職は成功しません。

 

転職ならではの定番質問

面接時にこれまでの自分や経歴をアピールするにあたって、転職ならではの定番質問がいくつかあります。その中でも定番中の定番、職務経験を聞かれた時のために準備していかなくてはいけません。

 

ご自身の経験やスキルを書き出したり表にまとめて、そこから得意なこと不得意なことを選り分け、今ご自身が転職したいと考えている企業さんとマッチングしてください。

 

マッチングは上手くいったでしょうか。上手くいったという方は初歩的なことですが、まず相手を知りましょう。就職は恋人探しと同じだと言われる所以がここにあります。相手を気に入ってを知りたいと思い、自分の良いところを相手が気に入るようにアピールするのがそっくりですね。

 

ですのでご自身の本命、ターゲットの企業さんを調べ尽くしていくことから始めてください。企業のニュースやホームページ、パンフレットなどがあれば、それに隅から隅まで目を通してください。

 

そういったものが無い場合はその企業さんのあるビルを見学したり、行っている事業や工事といった現場に出向き自分なりに企業さんへの思いや感想を持つことが大切です。

 

いざ面接となったときにその企業さんに愛着があるか否か、馴染みに思っているか否かは意外と出るものです。面接官にもその気概は伝わりますので本命の転職先であればあるほど入念に相手を知ってください。

 

そうすることによって自分のこれまで培ってきたものが相手企業さんにいかに有益か、御社で活かすことができるのかを伝えやすくなります。

 

また次に、下調べで現場を見たことによって、好まれる人物像も描きやすいでしょうから、面接でご自身の経験を話すときに少しだけ成りきってください。例えば下調べで見た企業さんの玄関では活気があったから明るい人が好きかもしれないとアタリを付けて面接に臨むのもいいでしょう。

 

第一印象やフィーリングが良いと面接もスムーズに進みますので、そのために相手企業を調べましょう。空気が良いと貴方自身も自分の過去や職務経験を伝えやすくなります。

 

多少キャラクターを間違えたとしても緊張など誰にでもあることですので徐々に修正していけばいいのです。たくさんの下調べをして相手企業が望む人物像を把握する、そしてそれに合わせることによって掴みを良くし、自分の経験やスキルを上手に伝える、これが面接を通過するためには必要な能力です。