20代・30代女性の転職は高卒でも大丈夫?

現在の女性の社会進出は目ざましいものがあります。女性の労働人口も50%を超えており、右肩上がりで仕事をしている女性は増え続けているのです。統計的には20代・30代女性が女性の労働人口を押し上げているので、そのような統計がでているのだと言われています。 20代・30代女性の未婚者はほぼ何らかの仕事を行っていますが、実際のところ、結婚と出産を機に離職することが多いのが現状です。これは学歴が大卒、高卒でも同じです。 育児環境が整っていない日本では結婚と出産を機に転職して、自分の働きやすい環境に帰ることが難しく、転職ではなく、離職を選ぶのが一般的だからです。20代・30代女性では自分のキャリアが形成されていないので転職することが困難なのが原因だと言われています。

高卒で働き始めた人は、すでに活かせるキャリアを持っている?

しかし、高卒で働き始めた人は結婚、出産の時期に大卒の人と比べ、すでに長いキャリアをお持ちなので、このキャリアを活かさない手はありません。「私は高卒だから、学歴的に転職は難しいわ」との意見をたびたびお聞きしますが、そんな謙遜をする必要はありません。 なぜなら、大卒の人よりも20代・30代女性では少なくとも4年以上の長いキャリアをお持ちなので、転職時に有利に働くからなのです。女性の仕事は学歴が全ての職種ばかりではありませんから、ご自身の才能を発揮出来る職種でご自身の経験されてきたキャリアを活かした転職にトライしてみてください。 世の中にはまだまだ女性のマンパワー不足の業種が多く、特に医療、介護、子供関連の分野では常に求人が多数あるのですから。高卒でも女性としての良さを活かした職種を選ぶと簡単に転職できます。むしろ、転職して入職してほしい会社はたくさん、あなたの応募を待っているのです。

20代・30代女性はどのタイミングで転職する?

では実際に20代・30代女性はどのタイミングで転職するのが良いのでしょうか?少子化が叫ばれている今日ですから、出産のタイミングで一旦、仕事を離れることは仕方がないと社会的には考えられています。もし、結婚して現在の仕事で育児休暇がもらえるのであれば、転職せずにそのままの勤務をすることがお勧めです。 せっかく築き上げたキャリアと環境をそのまま維持しながら出産、育児に望めるのですから。一方、出産後に育児との両立が難しい人は早めに転職を検討しておいて、20代・30代女性でしたら転職後しばらく新しい環境で働いてからの出産もありだと思います。 そして、出産、育児が落ち着いてから、その会社に復帰できるような状況を作っておきましょう。 子供が小さいときはどうしても仕事を第1優先として動けません。でもあなたは20代・30代女性という一番体力的にも働きやすい時期なので大卒、高卒に関係なく、離職ではなく、転職するという道を選択してください。 転職するということは何もマイナスイメージなことばかりではありません。むしろ、20代・30代女性にとって、社会で活躍する場を得るための転職だと考えてほしいと思います。