転職における面接の流れと、各所のマナーについて

転職をする上で最も重要とも言えるのが面接です。面接には、単純に志望動機などの考えていること、思っていることを聞き取ること以外にも、社会人としてのマナーや、会話をする際の雰囲気などもチェックされます。面接の際に注意すべきポイントを含め、面接の流れについて解説していきます。

 

まずは、身だしなみのチェックは必ず行いましょう。人は見た目じゃないと良く言いますが、面接の場合、人は見た目です。清潔感があることを特に心がけましょう。スーツのシワや、ワイシャツの第1ボタン、袖のボタン、ネクタイの緩みなど、服装の乱れはもちろん、ヒゲや寝癖などは言語道断です。家を出る前、会社に入る前は必ずチェックしましょう。

 

いよいよ面接

そしていよいよ面接です。着席するまでの基本動作はとにかくキビキビと動くことを心がけましょう。歩くときは足を引きずらない、礼をする時は首だけ曲げずに腰から曲げるなどなど、分かっているけど癖になっていることもあるので、注意しましょう。

 

基本的には、面接官の指示に従って動きます。室内に入る時もノックしてから「どうぞ」の一言を聞いてから入室したり、着席する際も、「座ってください」の一言を聞いてから着席します。

 

そしていよいよ面接の内容です。転職の面接では、絶対に聞かれる質問があります。それは退職した理由、転職する理由です。新卒の採用試験とは大きく違うのが社会人経験があるということです。何故辞めるのかの理由は、誰もが納得する理由を考えていく必要があります。

 

あとは、会社それぞれに違った質問をされますが、どの質問に対しても前向きになるように答えることが肝心です。どんな会社であってもマイナス思考な人よりは何事もプラスに考えられる人が好まれます。即答が出来ないような質問はあまり時間をかけて考え込むようなことはせずに、分かりませんとはっきりと受け答えすることが大切です。

 

そして、最後には必ず会社に対しての質問を促されます。ここで質問が出ないようでは、興味がありませんと言っているようなものです。かといって、適当な差し支えのない質問をしては逆効果になる場合もあります。質問に関しては必ず最後にふられることになりますので、事前に考えるようにしましょう。
面接が終わったら、あとは結果の通知です。文書で届く場合もあれば電話で通知がある場合もあります。その為に、面接の一環として電話応対についても心掛けるようにしましょう。

 

面接担当者は話の内容以外にも社会人としての立ち振る舞いを見ている!

以上のように、転職の際の面接する上で、面接担当者は話の内容以外にも社会人としての立ち振る舞いを見ています。面接の時間は、全てにおいてチェックされているということを忘れず、逆に一般常識をアピールするくらいの気持ちで挑みましょう。

 

また、転職の際の面接は、新卒とは違い余裕を見せることも必要です。フランクな雰囲気で進めてくれる面接官もおりますので、柔軟に相手に合わせて臨機応変に対応することも面接を成功させる為の重要なポイントです。