転職の面接で好印象を与える身だしなみとは?

転職での面接は第一印象が重要なのでしょうか?

 

転職をする場合には書類選考だけでなく必ず面接を行う事になります。その際の第一印象はとても重要な意味を持っており、第一印象が悪ければそれだけで転職での採用を見送られてしまう可能性もあります。

 

新卒での就職活動の場合は誰もが第一印象を良くしようと注意しており、身だしなみにも気を付けていることが多いのですが、転職の場合は一度会社に就職して社会人として働いているため、今の状態に慣れてしまっており新卒の時のような初心を忘れている場合が多くなります。

 

そのため面接に赴く際にも身だしなみに気を使わないまま面接を受けてしまったり、服装やメイクなども普段のままで面接に出向くといったミスを犯しやすくなります。やはり転職であったとしても新たな企業に就職するわけですので、身だしなみを整え第一印象を良くするのは当たり前の行為であり、それが最低限のマナーと言えるでしょう。

 

転職の面接にふさわしい身だしなみや服装とは?

男性の場合も女性の場合も、転職する際の面接にふさわしい身だしなみや服装を理解しておく必要があります。まず身だしなみに関しては全体的に清潔感溢れるものが最良と言え、だらしなさや汚さが見え隠れするのはNGとなります。

 

特に髪型やメイクに関しては注意が必要で、男性の場合は爽やかな印象を与える髪型、女性の場合も華美ではなく清楚な印象を与える髪型が好ましいでしょう。メイクに関しても同様で、女性の場合は派手なメイクや付けまつげなどは避けるべきですし、男性の場合は無精ひげなどは剃ってから面接に臨む方が良いでしょう。

 

特に顔周りは最もみられる部分ですので入念にチェックしてから面接に行きましょう。服装に関しては男性の場合はスーツ着用、女性の場合もスーツやジャケットなどの綺麗目な格好が面接には向いています。

 

ジーンズやTシャツといったラフな格好や、サンダル履きやスニーカーでの面接はNGとなります。靴は男性は革靴、女性はハイヒールなどが良いですが、革靴の場合は汚れが無いもの、ハイヒールの場合はヒールが高すぎないものをチョイスする必要があります。

 

全体的に綺麗にまとめておくのがポイントですので、それを頭に入れて身だしなみを整えましょう。

 

面接担当に一緒に働きたいと思わせる格好で

面接担当に与える印象により転職での採用が決まると考えなければいけませんし、採用担当者が一緒に働きたいと感じるような身だしなみであれば面接に関してもスムーズに進むことになるでしょう。

 

いくら才能が有り技術やスキルが優れていても、会社というのは多くの人が集まって働く場であるため周りの人に不快感を与えるような人は採用されません。

 

そのため身だしなみを綺麗に保ちやる気に満ちた雰囲気を醸し出すことが重要であり、見た目によって面接の出来も大きく変わるということをしっかりと理解してから転職の面接に臨むことが重要となるでしょう。

 

身だしなみをバカにしている人は仕事も出来ないと感じられますし、外見=内面を写す鏡だと考えておくことが必要となるでしょう。