【面接の違い】転職で1次・2次・役員面接のそれぞれの違いとは?

転職活動をする時には必ず面接があります。せっかく書類選考に合格しても面接に合格しないと採用をもらうことが出来ません。そして面接にも段階があり、1次面接 、2次面接、役員面接(最終面接)と、全部突破していかないと合格になりません。

 

人によって「1次面接が突破できない」「1次は通ったのに2次で不採用になってしまう」「最終面接まで行ったので浮かれていたのに不採用になってしまった」といろいろな悩みがあるでしょう。

 

面接に突破するには、その面接にどんな意味があり、何を判断して合否を決めるのかをしっかりと知ることが大切です。特に転職の場合には 良い転職先があれば絶対に決めたいものでしょう。短い転職期間で採用をもらうためにも面接の違いを知っておくことが大切です。

 

まず、それぞれの面接では面接官が違います。

  • 1次は人事担当者や責任者
  • 2次は部門長と、1次の人事責任者
  • 役員面接:役員、又は社長

となっているところが多いものです。それぞれの面接の対策をするためには、面接プロセスの違いをきちんと理解することが大切です。

 

1次面接の判断基準

この面接では人物評価をすることが目的となっています。どんな価値観をもっているのか、自分自身を理解出来ているか、転職の場合には前職でどんなことをしてきたのかなどを聞くことが多いでしょう。ここでは自分自身のことをしっかりと話して、話に一貫性があるということが大切になります。

 

1次が通らないという人は、自己分析をもっとしっかりと行えば可能性が広がるかもしれません。

 

2次面接の判断基準

2次面接で現場の部長の面接の時には違う視点で判断されます。会社の事業内容や仕事内容をしっかりと理解している人か?この業界に本当に興味があり、一緒に働いてみたいと思わせる人か?

 

このようなことが判断基準となるため企業研究が大切です。実際に働くことへのイメージがしっかりと出来ている人で、仕事への意欲がありやる気が感じられることが評価されます。

 

2次面接に通らないという人は、企業研究を行い、実際にその会社で働くイメージを行ってから面接に望みましょう。

 

役員面接の判断基準

多くの企業では役員が面接を行います。 役員面接の判断基準は企業ごとに違います。ただし、役員面接まで行けばまず落ちないと考える人が多いですが、落ちないという考えは間違いです。現場が合格を出していても、役員が採用を懸念したら、採用は見送られます。

 

最終面接では、役員の判断で、価値観や考え方、態度、振る舞い、などが、社風に合っていて自社に興味を持っていて、長期的に働ける人材かの最終確認となります。

 

振る舞いや態度をもう一度考え直してみよう!

最終面接まで行ったのに苦戦しまう人は、役員が求めている人物と思われていないということがあります。企業に必要な人材だと思われるような振る舞いや態度をもう一度考え直してみましょう。

 

1次・2次・役員面接と、何度も面接を行うことは、企業のいろいろなポジションの人が、判断することでより優秀な人材を見つけることが目的となります。1次・2次・役員面接のそれぞれの違いを理解して、面接官が求めることを理解して自分自身の考えを伝えていくことが大切です。