転職での面接で、面接担当者が見ているポイントとは?

人は今の会社に不満を感じた時、転職を考えます。転職を考えた時にネックになるのが面接です。転職が上手くいくかは面接次第といっても過言ではありません。ここでは、そんな面接で面接官がどんなところを見ているのかを解説していきます。

 

就職採用試験では必ず面接があります。社会人経験があれば、一度は必ず面接を経験している為、面接の流れや基本的に聞かれる質問の内容については分かっていることが多いと思います。

 

しかし、転職するときに行われる面接の際に、面接官が見ているポイントは、新卒の採用試験の時とは違った目線で見ていることが多くあります。

 

具体的にはどんな違いがある?

具体的にはどんな違いがあるのでしょうか。それは、社会人経験があることです。企業が、中途採用を行なう理由を考えれば求める人物像は掴めてきます。

 

とにかくフレッシュで将来の可能性を求めての採用活動ならば、新卒の採用活動を行うはずです。中途採用をする理由は、人手不足を補う場合や、急な退職による欠員の補充による採用活動が多く、求めている人物像としては即戦力となるような人材を必要としているはずです。

 

 

企業が考える即戦力とは企業や職種によって違いはあります。単純に持っている技術や知識を必要としている場合と、社会人としての一般常識を期待している場合があります。

 

まず、前者の身についている技術や知識を期待する場合、面接では今までの経験についての質問のウエイトが高くなるはずです。

 

具体的には、前職ではどのような仕事をしていたのか、どのような成果を残したのか、どんなところに不満を持ったのかなどとにかく前職の内容についての質問が多くなるはずです。

 

求人情報をよく確認し、前職の職務経験が生かせるような回答をするように心掛けていきましょう。

 

社会人としての一般常識

次に、社会人としての一般常識です。新卒を採用した場合には、入社後に研修を行う場合が多くあります。そのような研修をする必要がないことをアピールできれば採用への近道となるはずです。

 

これに関しては具体的に質問されて回答をして判断されるというよりは、トータル的に見て社会人としての適性をみることが多いです。

 

具体的には、挨拶、身だしなみ、話し方、敬語の使い方、電話の対応などを見られることになります。全ての行動で100点満点を出せればもちろん理想的ですが、最低限失礼のない対応ができてさえいれば問題ない場合もあります。

 

これらのように転職の際の面接では、とにかく入社後にどんな働きぐ期待できるかを見られます。社会人としての自分の強みが一体どんなところにあるのか、面接の前に分析をしておくことが大切です。

 

ある程度アピールしておきたいものを決めておけば、想定していた質問ではない質問をされたとしてもアピールポイントさえ決まっていれば、伝えたいことは伝わるはずです。

 

入社後に教育する手間がかからないと思わせることさえできれば、転職時の面接は上手くいく可能性はぐっと高まるはずです。