新卒採用と中途採用の面接の違いとは?

新卒採用中途採用の大きな違いとは?

 

採用試験を受ける際に新卒採用と中途採用ではとても大きな違いがあります。これは新卒と中途に求められているものが異なっているということであり、それは面接において見られているものが違うと言う事にも繋がります。

 

基本的に新卒採用の場合は、今まで学生だった人材を新たに雇い入れて一から教育していくことで自社の戦力とすることを考えて採用を行っています。

 

そのためスキルなどが足りていなくても熱意があり本気で働きたいという気持ちが伝われば採用される場合もありますし、将来性が感じられ潜在能力が高いと判断された場合も採用される可能性が高くなります。

 

しかし中途採用の場合は新卒とは異なり、熱意とやる気があるだけでは採用には結びつきませんし潜在能力が高くてもそれが決定打にはなり難いと言えます。これは新卒と中途の大きな違いであり、中途採用に求められているものが新卒の場合とは全く違う部分であることを示しています。

 

中途採用の面接で見られているのは現在の貢献度

中途採用の場合には企業側も一から人材を育てようと言う目的で採用を行うことは無いと言えます。基本的に中途採用の場合に求められているものは採用した際にすぐに戦力となり得る即戦力として使えるかどうか、今現在雇った場合に貢献することが出来る貢献度が高いかどうかで判断されることになります。

 

中途採用の場合は社員が辞めたなど会社の人材に穴が開きそれを埋めるために募集を行っているケースが多いので、自分自身が中途採用に申し込んだ際に貢献できるかどうかが採用されるかどうかを決めるポイントとなります。

 

要するに面接の段階で企業側に貢献度が低いという印象を与えてしまうと中途採用は採用されない可能性が高くなると言えるでしょう。

 

中途採用の面接でのアピール方法

中途採用の面接で採用に繋げるためのアピール方法としては、やはり今までの仕事で培ってきたスキルや資格などをアピールすることと、前の仕事においてどのような成果や実績を上げてきたかを分かりやすく説明することが重要となります。

 

その際には中途採用を希望する企業の仕事に関係しているスキルや資格をアピールすることと、実際に上げた成果がどういったものであり、採用された場合には自分が企業に対しどれだけの貢献をすることが出来るかを熱意を持って説明することが求められます。

 

熱意ややる気だけではだめですが、成果や実績、スキルがいくらあっても逆に熱意ややる気が感じられなければ採用に至らない可能性が高くなります。そのため熱意ややる気と成果やスキルの両方を上手く組み合わせてアピールすることが中途採用の面接には必要不可欠となるでしょう。

 

それと適正に関しても面接では見られていますので、和を乱すような行動をとる人は中途採用では不必要とされることが考えられますので、その点に関しても注意しておくことが必要となるでしょう。新卒採用と中途採用には全く異なるものが求められることを正しく理解しておきましょう。