知っておきたい!転職面接の5つの目的とは?

転職の際の面接では何を見られているのか?

 

新卒での就職活動の際には必ず面接を受けることが必要となりますが、転職の場合でもほぼ100%面接を行うことが義務付けられていると考える必要があります。この転職の際の面接には非常に重要な意味が隠されており、面接を行うことで企業側は様々な確認をしていることが考えられます。

 

基本的に転職する場合には履歴書や職務経歴書を提出してそれを元に人材が有益かどうかを判断するわけですが、やはり書類での用法だけでは正しい判断が出来ないため面接を行いその人の人間性などを確認することが必要となるわけです。

 

その際に確認される項目としては主に5つの項目が確認されることになり、それが実務能力があるかどうかの確認、在籍社員とうまくやれるかの確認、仕事への意欲がどれくらいあるのかの確認、自社への転職がどれくらい本気かという本気度の確認、そして採用した際の将来性の確認となります。

 

面接による確認で採用が決まる確立が大きく変わる!

転職の際の面接では大きく分けて5つの項目を確認されることになるわけですが、これはどれも重要な項目でありどれか一つでも大きく欠落していれば採用されない可能性もあります。

 

まず実務能力があるかの確認に関しては、自社にとって必要とするスキルや技術を持っているのかどうか、採用することでどれくらいその能力を自社のためにいかしてくれるのかを見られることになります。

 

実務能力が無い場合には採用してもプラスになることが無いため、採用に値しないと判断される可能性が高くなります。そのため前の職場や今までの職歴で実績を挙げていたり優れた実務能力を身に着けていることが求められます。

 

次に在籍社員とうまくやれるかという確認に関しては、やはり会社と言うものは大勢の社員が同じ方向を向き協力し合うことで成り立っています。そのため在籍社員とうまくやれるかどうかはとても重要な事で、今までの仕事が人間関係のトラブルにより辞めて来た場合には、その部分も見られており採用に大きな影響を与えることになります。

 

仕事への意欲確認や自社への本気度の確認も重要で、漠然と転職したいといった様子で仕事への意欲を感じられない場合であったり、自社への転職に関し本気度が感じられない、何故自社に転職したいのか曖昧で分からないといった態度であれば、採用するのを中書されてしまう結果にもなりかねません。

 

そして将来性の確認に関しては、採用することにより将来的にどのようなプラスを自社にもたらしてくれるのか、今よりもさらに伸びしろが感じられ、将来的に会社を背負って立つ人材になれるのかを確認されているわけですので、伸びしろや将来性が感じられない場合には採用されないということも考えられます。

 

そのため面接に臨む際にはこれら5つの項目をチェックされていることを把握して、自分のスキルややる気、今よりもさらに上を目指しているという向上心などをあぴーるできるかどうかがポイントとなるでしょう。