20代・30代女性の転職は既婚でも大丈夫?

20代・30代女性は様々な職場で貴重な戦力として働いています。しかしこのような年代の女性を雇っている企業はちょっとした不安に駆られることがあります。それは結婚や出産です。多くの女性は結婚、そして出産を機に退職します。

 

その理由は家庭を第一としており、家族のお世話に多くの時間を費やしたいと考えているからです。とりわけ出産に関してはほぼ100%退職、もしくは休職となります。もちろんこのような考え方は正しいものですし、雇い主はこれらの女性を尊重しなければなりません。

 

しかしこうした状況ゆえに、20代・30代女性、特に既婚の女性を採用することに不安を感じてしまう雇い主がいるのも事実です。

 

既婚女性の転職が必ずしも不可能ではない!

しかしだからといって既婚の20代・30代女性の転職が必ずしも不可能であるというわけではありません。20代・30代女性は頭の回転が速く、尚且つそれなりの仕事の経験を積んでいます。そのためどの職場でも非常に重宝されている存在です。

 

そして中には的確な判断や経験がものをいう職業があります。たとえば看護師です。転職情報誌の中には必ずといっていいほど看護師の募集を目にします。この仕事はそれだけ人手が足りておらず、尚且つスキルや知識が必要であるために、これまで第一線で活躍してきた人の助けが必要なのです。

 

看護師は女性が憧れる仕事の一つで、これまで多くの女性がこの仕事に就き、医療機関で活躍してきました。そして一度この職を離れた人に再び呼びかけがなされており、転職が促されているのです。

 

こうした状況に伴い、多くの既婚の女性が復職、もしくは転職し、看護師として活躍しているのです。しかし先にも考慮したように、既婚女性には家庭があります。そのため家族のお世話をする時間が必要であり、独身時代のように長時間働くことができない人もいます。このような状況を考慮し、様々な労働形態の看護師が存在しているのです。

 

たとえば夜勤無しの看護師が募集されることがあります。夜に家を空けて子どもやご主人の近くにいることができないというのは、とても不安です。このような状況を考慮し、日勤だけの看護師が存在します。

 

また週に数日だけの看護師や、1日の労働時間が4時間と一般の看護師の半分であるという労働形態も存在します。このように既婚の20代・30代女性が転職しやすい状況が整えられているのです。またこのような状況は看護師だけに見られるものではありません。

 

たとえばあるアパレルメーカーは1日の労働時間を8時間、6時間、そして4時間と選べるようにしています。もちろん労働時間が少なければその分給料も少なくなります。しかし家族のお世話をする時間を十分に確保しながらも、正社員として働くことができるのです。女性の社員は非常に貴重です。

 

それでも状況ゆえに女性の新たなチャレンジが難しかったり、退職しなければならないような状況に直面することがあります。しかし最近ではこうした問題が考慮され、状況が改善されてきたのです。