職務経歴書の書き方ケース別:同職種に転職する場合

転職は、異業種へ行っている人も多くなっていますが、やはり同業種へ変えてみるという選択もあります。これはすぐに戦力として働けることがメリットとなっていますし、かなり多くの仕事をこなせるので、会社としてもいいイメージを持ってくれるかもしれません。

 

しかし、戦力として仕事をしたいのに、同じ業種へ転職することは、問題を起こしていると思われている部分もあるのです。

 

本来なら前の会社で仕事ができるものと思われて

同業種の場合は、会社側が倒産しているなどの理由でなければ、基本的に個人的な問題を指摘されることが多いです。なぜ同じ業種へ転職することを決めたのか、面接でも指摘されることが多く、説明をすることも苦労します。

 

それくらい同業種というのは、見られる目が厳しくなってしまう可能性があり、採用への道が狭くなることもあります。

 

本来同業種で仕事をするなら、前の会社でも継続して仕事ができるものと考えられています。問題が起きているのは、金銭面に悩みを持っているのか、それとも会社の方針なのか、採用担当者はこうしたイメージを持ってしまいます。

 

定年などの理由で職を変えようとしているなら別ですが、まだ働けるような年齢なのに、同じ業種を狙っていることはおかしいように思われても仕方ありません。

 

自分の意図しているものが実現していると記載する

職務経歴書を同業種で記載する場合は、仕事をしている内容についても記載するのですが、それ以外に何をしたいと思っているのかを書いたほうが良いです。同じ業種でも、方針は異なっていますし、作りたいものも違っているわけですから、それによる違いを持っているから、転職することを決めているとわかってもらうのです。

 

 

このような意識を持ってもらうことで、会社側の方針に賛同して考えてくれたと思われます。何も記載していないと、問題点ばかりを考えてしまいがちですが、このような仕事をしてみたいと思っているとか、会社を変えれば実現できる部分があるなどの理由を記載することで、採用の確率をアップさせられることもあります。

 

これを狙っていくと、同業種でも職務経歴書のイメージをアップすることが出来ます。

 

会社の方針や仕事内容を理解しておこう

この方法で注意することは、会社の方針を知っていることです。知らないのに記載したとか、会社の仕事内容に合わないことをアピールポイントで作ってしまい、悪いイメージを持たれることはすごく駄目なことです。会社の方針を先ずは確認して、仕事の内容に沿って記載することが望ましいです。

 

もちろん、あまり多くのことを記載すると、図々しいように思われてしまう点もあります。何を実現したいと思っているのかは、確実にわかるようにして、イメージとして持ちやすいようにしておきます。

 

転職を考えている時、同業種なら会社を変えれば何を実現できるのか、自分の夢などを中心に考えながら、最適な職務経歴書に仕上げることが大切です。