職務経歴書の書き方ケース別:未経験業界・業種への転職の場合

未経験の業種へ転職する場合は、すぐに戦力として利用することができるのか、そして活躍してくれるのかを会社側は考えています。時間がかかってしまうことは、会社としても厳しいところがあるので、早めに仕事をしてくれて、すぐに戦力として期待できる状況を作らなければなりません。職務経歴書では、その思いを記載することが望ましいです。

 

未経験は嫌なイメージを持たれがち

未経験の人は、どうしても転職後に戦力にするまで時間がかかると思われてしまいます。職務経歴書では、過去に経験している仕事について、しっかりと記載することが大事になりますが、それでも仕事をすぐに行ってくれるというわけでもありませんので、嫌なイメージを持たれがちになってしまいます。

 

やはり業種の経験を持っていることが、良いようなイメージを持たれることになりますので、業種の経験があることは強みにもなっています。職務経歴書を見られた時に、その業種の経験を持っているかどうかを判断されることもあるので、足りないところを何らかの部分で補うことも重要になってしまうのです。

 

独学で勉強をすることを提示しよう

職務経歴書には、転職に関連のある情報を付け加えてもいいことになっています。アピールするために作る書類ですから、必要なことは積極的に記載することにして、どんどん仕事をすることを示していくことです。

 

未経験だと、どうしても勉強をしていないと難しいところがあるものの、独学でもいいから行うことを記載すれば、アピールに繋がります。

 

経歴書の最後に、未経験の業種になりますが、勉強をして速やかに戦力として活躍できることを示すことで、もしかしたら採用される可能性を高められるかもしれません。これは、イメージをアップさせるだけでなく、勉強熱心であると思われることで、会社としての戦力に期待できるからです。

 

途中で書いてしまうよりも、最後に記載したほうがイメージとして残りやすいので、基本的には最後の文章に記載して、イメージアップを図ることになります。

 

転職している回数が多いならなおさら重要に

職務経歴書を記載している時、自分がどれくらいの経歴を持っていて、何度転職をして仕事を変えているかも重要になります。1つの業種でずっと仕事をしているならば、当然経験を補うだけの学習をしていくことを示せば良いのですが、回数が多いことは、離職されるのではという不安も一緒に持たれてしまいます。

 

作成するときには、長期間仕事をして、すぐに戦力として仕事ができることをアピールしておきます。回数が多いことは、それだけ仕事へ慣れることができることを意味しているので、採用される可能性も結構高くなるのです。

 

なかなか経験のないところへ行くのは、色々な負のイメージを持たれてしまうことで厳しいこともあります。経歴書のように最後の部分に記載できる内容が、採用の決め手になるかもしれないと考えてください。職務経歴書の記載内容は自由ですから、アピールポイントをいくら作っても問題はありません。