【成功する職務経歴書の書き方】効果的な自己PRの作り方

魅力的な職務経歴書とは?

 

転職をする際に企業側に提出することになる職務経歴書ですが、この職務経歴書を如何に魅力的な内容に仕上げるかが採用に近づくためのポイントとなります。

 

職務経歴書に必要となるのは今までの職歴を掘り下げて詳しく時空列で表した内容となりますが、ただ職歴の流れを書き連ねるだけでは職務経歴書としては全く魅力的ではないものとなってしまいます。

 

職務経歴書を作成する際に必要となるのは最初に記載するべき要約文で読み手の興味を引き、その流れで本文である内容に引き込むことが必要となります。

 

 

その際に肝心の本分が全く魅力的でなければ最後まで読んでもらうことが出来ないまま職務経歴書の役目を終えてしまうので要約文だけでなく本文も魅力的なものに仕上げる必要があります。

 

その際に記載すべきなのは曖昧な表現ではなく明確な数値などを用いた職歴の記載で、明確な数値などがあることによりその職歴のがとても具体的な内容となり、読み手にとって分かりやすくイメージできるものとなります。

 

職務経歴書は単なる職歴を記載する書類ではなく、自分を効率的にアピールしPRするための書類でもありますので、実際の成果や実績を記載する際にデータを使用してアピールすることが魅力的な職務経歴書となります。

 

数値やデータにより自分の実績が本物だと実証出来る

職務経歴書を記載する場合には、誰しもが自分の職歴を良く見せたいと考えるのは当然であると言えます。その場合いかにも良い成果や実績を上げてきたような文言の取り回しで文章を作り上げる人もいますが、実際の成果や実績がどのような物であったかはそれを記載した当人にしかわからないものとなります。

 

転職する際の採用担当の人が職務経歴書を読んだ場合に、明確なデータも数値も無いのに成果や実績を大々的にアピールしていた場合、それは曖昧なものでしかなく信頼に値しないものとしてしか目に映りません。

 

転職での人材確保の場合や中途採用での人材確保の場合、即戦力となり得る人材を求めているため曖昧な情報しかない人材をすぐに採用するということはありえないのです。

 

しかし成果や実績に対し数値やデータがある場合にはその実績などを裏付けることが出来ますので信頼に値する内容として目に映ることになります。

 

もちろんその実績や成果を上げるまでに自分が取った行動がどのようなものだったのか、自分自身がどういった努力をしたのかもストーリー仕立てにして記載することで、さらにその成果や実績をアピールすることが出来るでしょう。

 

読み手側が内容をイメージできるかどうかでその内容の信ぴょう性も高まりますし、信ぴょう性が高まればスキルや技術、能力があると認めてもらうことにも繋がりますので、転職する際の採用率も大幅にアップすることになるでしょう。

 

やはりデータや数値と言った目に見えて分かるものがあるか無いかでは、職務経歴書の出来栄えや内容の充実度も大きく変わってくると考えたほうが良いでしょう。