【転職コツ】職務経歴書の志望動機の書き方の重要ポイント

転職活動の一環として職務経歴書を作るにあたって、大きなポイントとなるのが志望動機の部分です。これまでの経験、職歴等はある程度書くことが決まってしまいます。

 

経験自体にうそをつくわけにはいかないので、多少工夫をする余地があってもそれほど変化をつけにくいものです。しかし、志望動機の部分は自分の気持ちを載せる部分ですから、人によって大きな差が生まれてきます。自分の熱意ややる気を伝えるという意味では非常に重要な部分となるのです。

 

志望動機には力を入れて作成する必要がある!

そのため、志望動機には力を入れて作成する必要があります。特に、転職活動は一社だけに行うという事は少なく、並行して数社に書類提出をする必要が出てくることもあるでしょう。

 

そういった形でいくつかの企業に対して職務経歴書を作成する場合、ほとんど同じように記載してしまいがちですが、この志望動機欄については応募する企業ごとに内容を考え直すようにしましょう。

 

どの会社に対してもことしかかけていない場合、熱意が伝わりにくいという問題につながってしまいます。その会社に合わせた内容にしていくことを心がけてみましょう。

 

十分な企業情報の収集が鍵

そのためには十分な企業情報の収集が鍵となります。自分なりに集めた情報、公開されている情報など接することが出来る情報をもう一度見直してみましょう。そのうえで、その会社が何を必要としていて、自分がどう役立てるのか考えてみましょう。

 

転職はいわばあなたを応募先企業に売り込むという事です。具体的に会社に対する採用のメリットが示せていたほうが効果が高くなります。

 

志望動機として自分のやりたいこと、かなえたい夢などを並べて単純に熱意を示していくだけより、その会社にどう貢献していけるか、自分の力がどう生かせるかということを中心に述べていくほうがあなたを採用するメリットにつなげやすくなるのです。

 

そのためには転職する会社や仕事内容の特性を一つ一つつかんでいくことが必要になります。さらに、自分自身のスキルや経験も見直しておきましょう。こうしたものをどう生かすかを交えて志望動機として記載していくと、自分の経験やスキルについてももう一度アピールできることになります。

 

もちろんこれまでの職歴や経験した仕事内容、取得している資格などは別の欄で触れていますが、それを具体的な活かし方として落とし込んでおくことでより強いアピールをすることが出来るようになるのです。

 

企業によって業務の在り方は変わりますから、自分がこれまで身に付けたことをその中でどう生かせるかを考えて記載していきましょう。そういった具体的な働き方までしっかり考えているという事が、転職における熱意を表すことにもつながっていきます。

 

職務経歴書というとどうしても経歴部分に力を入れがちですが、それ以上に志望動機をしっかり作りこんでいくことが必要です。「この会社に入ったら」という事を具体的にシュミレーションをし、貢献の形を考えていくようにしてください。