【転職のコツ】職務経歴書を書くときに、要約文を書く重要性

職務経歴書を読んでもらうためのポイントとは?

 

転職をする場合に転職を希望する企業には、職務経歴書と呼ばれる書類を提出する必要があります。この職務経歴書は転職が決まるかどうかを大きく左右する重要な書類であり、採用担当者に読んでもらい自分の職務に関する経歴を正しく知ってもらうことが重要となります。

 

しかし職務経歴書に記載されている情報をしっかりと読み込んでくれるケースはとても少なく、冒頭部分のみ読んで判断する場合や中の情報を読み流すといったケースも考えられます。

 

そこで職務経歴書を読んでもらうために必要となるのが要約文の存在です。要約文とは職務経歴書の冒頭に記載する文章のことで、その部分で自分のスキルや経験を一目で分かるようにしておくことで職務経歴書の無いように興味を持ってもらうことが出来ます。

 

そのため要約文を書くことは転職を決めるポイントともなり得るとても重要な部分といえます。

 

要約文は書くだけでは意味を持たない

職務経歴書の冒頭に記載するべき要約文ですが、要約文はただ書けばいいと言うわけではありません。

 

やはり要約文を書く際にはその部分に目を止めてもらい興味を持ってもらうことが重要ですので、たいして興味もそそらないような凡庸な文章や、読みにくく何が言いたいのか分からないような文章は書いてもほとんど意味を成さないと言えます。

 

要約文に必要な要素としては採用担当者に熱意などをアピールする文言や、要約した職歴の中でも特に目を引くであろうスキルや実績といったアピールポイントを設けることにより、その職務経歴書を最後まで読んでもらうことに繋げることができます。

 

最終的な目的は職務経歴書の内容をしっかりと見てもらい、自分自身が即戦力となり得る人材であるということをアピールすることですので、要約文で如何に相手の心をつかめるかが重要になってくるでしょう。

 

要約文での内容を職務経歴書でさらに詳しく

職務経歴書は本来今までの職歴をさらに詳しく掘り下げて記載するのが目的の書類ですので、要約文に力を入れるのと同等かそれ以上に内容を充実させておく必要があります。

 

要約文で目を引くように出来たとしても、肝心の職務経歴書の内容が伴っていなければ全く意味が無くなってしまいます。そのため要約文で自分の熱意やスキル、経験などをアピールし、その熱意が本物であること、実績やスキルをどのようにして作り上げてきたのかを本文の中で説明することが重要です。

 

最終的に職務経歴書の内容如何で転職採用がどうなるのかが決まるわけですので、要約文で目を引き本文の内容で納得させるという流れを作り出せるかどうかがポイントとなるでしょう。

 

そのためにはまず自分の職歴を自分自身で正しく認識し、どの部分をアピールするのかを考えてチョイスすることで、魅力的な要約文の作成とそれに呼応できる本文の作成が出来るでしょう。ほんの少しの工夫で職務経歴書はとても魅力的なものとなります。