【まとめ】転職に成功する志望動機の書き方−3つコツとは

社会人となり、会社勤めをしていると、誰しもが一度は転職を考えたことがあるのではないでしょうか。新卒で入社した会社を定年まで勤め切ることは立派なことです。1つのことを投げ出さず続けることはなかなかできることではありません。しかし、それが全てでもないとも思います。

 

自分の中で不満を持った状態で同じ会社で働き続けることは、自分の為にも会社の為にも良くありません。転職をすることでステップアップを期待する人も多いとは思います。

 

理想的な転職を成功させる為には、潜り抜けなければならない関門がいくつもあります。そんな関門の1つである面接のうち、最も重要とも言える志望動機について解説していきます。

 

転職を成功させる為の志望動機を考える上で、大切なことは3つあります。

 

志望動機の大切な事:1つ目

まず1つ目は、退職理由につなげることです。中途採用で企業として一番気になることは退職の理由です。せっかく採用しても、前職と同じように辞められては意味がありません。

 

前向きな退職理由があり、つじつまが合うストーリーを作ることが大切です。「やりたかった仕事をしたいから退職し、その仕事ができる会社が御社です。」といった流れが大事なことです。

 

志望動機の大切な事:2つ目

2つ目に、自分の力を発揮できるアピールをすることです。今までの社会人生活を生かすことができること、自分の持っているスキルや資格を生かすことができることもアピールしましょう。転職する上で、同業種、同職種に転職する人が多くいると思います。

 

何ができて、何が得意なのかをアピールし、会社にとって自分が入社することでどんなことがプラスになるのかを伝えましょう。中途採用の場合、新卒のようにフレッシュな新人を一から育てようという会社はあまりありません。

 

ある程度の力をもち即戦力を期待している場合がほとんどなので、志望動機の中に、自己アピールを合わせてしまうとかなり効果的です。

 

志望動機の大切な事:3つ目

そして3つ目は同業他社にはないところを見つけることです。数ある会社からなぜこの会社を選んだのかをしっかり説明ができなければなんとなく選んだと思われがちです。同じ事業をしている会社ではなく何故その会社なのかを理論立てて説明できれば成功への近道と言っても過言ではありません。

 

これらのように、志望動機は3つの重要な要素が揃ってこそ相手企業の人事担当者を納得させることができます。前職を辞めた理由を解消できると思ったこと、自分のやってきた事を生かせると思ったこと、他にはない魅力を感じたことを組み合わせることで志望動機にストーリーが生まれ、信ぴょう性が増します。

 

流暢に話せなければ、面接は上手くいかないと思う人も多いと思いますが、話すことが筋道立っていて、自分の考えがきちんと定まっていれば上手く話せなくても転職は成功するはずです。

 

逆に言えば、志望動機がはちゃめちゃで話すことが矛盾している状態では転職は上手くいきません。自分がどのようになりたいのかをじっくり考えて志望動機を練ることが成功への近道と言えます。