【転職情報】採用担当者は何を考えて職務経歴書を見るのか?

転職の場合には、履歴書に加え職務経歴書を提出することがほとんどです。履歴書は大体定められたフォーマットがありそれを埋めていく形になりますが、職務経歴書はそれと異なり、一から自分で記載していかなくてはなりません。

 

その点で作成に時間がかかりやすく、悩むポイントでもあります。どのように書いていくかについては、採用担当者がどのようなことをこの職務経歴書を通して見たいのかという事を考え、それを満たすようにしていくかという事が重要です。まずはどのようなポイントについて見られるのか、どう書いていけばよいかを考えていきましょう。

 

履歴書の職歴と同様のことを書くだけでは足りない!

履歴書の職歴と同様のことを書くだけでは足りません。どのような仕事をしてきたのかをわかるように具体的にしていく必要があります。しかし、ただ具体的に書くというだけでは足りません。いくら高い能力や経験のありそうな方であっても、自社の業務内容に関連がないような場合は採用に結びつきません。

 

そこで、職務経歴書を作る前にまずは応募先企業の業務内容について調べておきましょう。それに沿って、自分の経歴の中で関連しそうなことがあったら、その部分を膨らませて記述していくのです。

 

このように、関連のある部分は詳しく、そうでない部分は控えめにとメリハリをつけていくようにすると、より効果的なアピールにつながります。ただし、より良く見せようとして嘘を混ぜるようなことは避けるようにしてください。

 

特に転職前の会社と応募する会社が同業種の場合は情報が伝わりやすいです。あなたの知らないところでつながっている可能性もあります。一部分でも嘘やひどい誇張が含まれていることが分かると、他の部分の信ぴょう性も薄くなってしまいます。事実と整合性のとれるような形で記載しましょう。

 

取得している資格について記載する?

経歴以外にも、取得している資格について記載することもあるでしょう。たくさん資格を取得している人などはここがアピールポイントになると力を入れる方も多いはずです。しかし、その会社で必要のない資格を羅列してもプラスにならないこともあります。

 

場合によっては資格マニアとしてマイナスの印象を与えてしまう事もあります。全く関連性のないものについては省くなどという工夫も必要です。採用担当者は自分の会社でどれだけ活躍してくれるかという事を見たいのですから、関連資格について記載されているという事がポイントとなります。

 

特に他業種からの転職では関連資格を取っていることが少ないですが、あえてそこに挑戦していくという事も採用への大きなアピールになりますので、積極的に挑戦していきましょう。即戦力となるアピールになるほか、熱意も伝えやすくなるという効果もあります。

 

また、転職の場合退職理由もポイントになります。マイナスイメージにつながりやすいため、ついあいまいにしてしまいがちですが、ここで「この会社に入りたい、ここでやりたいことがある」というアピールにつなげることもできます。そういった意識を持ってまとめていくと、希望の転職につながりやすい職務経歴書に仕上げられるでしょう。