【転職情報】採用担当者は何を考えて履歴書を見るのか?

転職の採用担当者が何を考えて履歴書を見るのかというのは、これに関しては人によってかなり変わってくると思います。思いがけないところを見る人もいるでしょう。ですが、大体の人に共通しているところもあります。

 

1つ目:字の丁寧さ

1つ目は、字の丁寧さです。ここを無視する人はいないでしょう。履歴書を読む=その人の字を読むということですから、気にならないという非血おはいないでしょう。
人にはそれぞれ字の癖がありますが、それは仕方の無いことです。

 

問題は、丁寧に書いているかです。下手なら下手なりに丁寧に、上手い人なら奢ることなく丁寧に書いているか、そこをしっかり見ています。雑に書いていると、案外すぐにばれてしまいます。

 

転職を目指す人はまず、自分の字を見直すことも必要かもしれません。

 

2つ目:誤字脱字

2つ目は、誤字脱字です。文字を書けば、そういうのは出てきてしまうかもしれません。ですが、それを放っておくのとちゃんと直すのとでは雲泥の差があると言っても過言ではありません。

 

何に関してもそうかもしれませんが、特に転職では護持や脱字は禁物です。書類を書いた後にしっかり確認しない人なのかと思われてしまうかもしれません。

 

3つ目:写真

3つ目は、写真です。写真は絶対に貼ると思うのですが、ここを適当にするともったいないかもしれません。写真の印象は、かなり大事なのです。髪はもちろんですが、表情もしっかり見られています。

 

清潔感ももちろん大事で、不潔な感じがが少しでもしてしまうと、印象はかなり悪くなってしまいます。過度な加工はどうかと思いますが、写真を撮るときはしっかり清潔感を出すようにしましょう。写真で落とされるのでは、あまりにももったいないです。

 

4つ目:字の丁寧さ

4つ目は、資格が自社で生かせるかどうかです。どんな資格を持っているかというのは、その人が以前いた職場などによってかなり変わってくると思いますし、資格が本当に大事かどうかは企業によって全く違います。

 

本当に大事なところもありますし、そうでないところもあります。ですが、やはり自社に役立つ資格を持っていれば目に止まるというのは、当たり前野ことでしょう。

 

5つ目:字の丁寧さ

5つ目は、志望動機と自社がマッチしているか否かです。ここが矛盾していると意味が無いですし、この人は適当に転職活動をしているのかなと思われる可能性があります。

 

たまに、志望動機をどの企業に対しても同じものを使っている人がいます。そういう意図がなかったとしても、そういうふうに見られてしまう可能性は十分にありえます。志望動機をしっかり書くというのは、初歩中の初歩なのです。

 

6つ目:字の丁寧さ

6つ目は、希望条件が自社の条件と合致するか否かです。自分の望む条件は、人によってかなり違ってくるでしょう。週休2日希望だったり、車通勤可能だったり、ここは人によって本当に違ってくる項目です。

 

ですが、ここが自社と一致しないと、結局転職は失敗するかもしれません。妥協も大事になることがありますし、譲れないなら、ちゃんと一致するところを探さなければならないのです。