転職前に知っておきたい新卒採用と中途採用の違い

20代・30代女性が就職活動をするのは最初はほとんどが高校卒業後、大学卒業後の新卒採用時だと思います。日本では卒業して、さらに進学をしない場合はほぼ就職活動を行います。

 

20代・30代女性でしたら、卒業と同時に結婚という形を取らない限りは新卒採用を目指しての就職活動を行っていることでしょう。

 

転職時に自分のアピールポイントがないと採用が難しいのが現状

20代・30代女性は結婚、出産を機に一旦、退職をするケースが多いので、次の仕事を見つけるとなると転職という形を取る必要があります。女性の社会進出が進んではいますが、出産、育児の時期に休職というシステムがしっかりできている企業はまだまだごくわずかです。

 

20代・30代女性になるとしっかりしたキャリアが出来上がっていないので次の転職時に自分のアピールポイントがないと採用が難しいのが現状です。

 

転職が難しいなら復職できないの?

では転職が難しいなら復職できないの?と思われますが、転職となると新卒採用ではなく、中途採用であることをしっかり認識した転職活動をする必要があります。新卒採用は学校を出て、初めて社会人として働く人のことを指しますから、特にキャリアを要求されるわけではありません。

 

キャリアがないので、その人物の将来発揮できるであろうアピールポイントに企業は採用判定の重きを置くのです。その評価基準として、学歴、受賞歴、持っている免許などがあります。その人物を採用すると、将来的に自分の企業に業績をもたらしてくれるはず、と企業は考えるのです。

 

中途採用ではその人物の前職での仕事歴を見て判断される!

一方、中途採用ではその人物の前職での仕事歴を見て判断されます。新卒ではないので、自分のアピールポイントが必須です。企業はその人物を採用することですぐに企業に業績をもたらしてくれると思って採用するのです。

 

よって、採用されるということは、「即戦力」ということを意味します。逆に言うと、中途採用に応募するときに経験不問と書いていない限りはその仕事の経験値が必要になっています。「初めて転職するのですが、御社の業務は全くわかりません」では余程の魅力がない限り、採用されません。

 

20代・30代女性が退職までに前職でアピールポイントとなるキャリアを積み上げるのは大変なことですが、アピールポイントがないと中途採用は難しいと思われます。また、転職ををステップアップとできている人物の方が次の転職時も有利だといえます。

 

20代・30代女性の転職は「自分の強みとなる経験」が求められる?

以上のように20代・30代女性が転職するということは中途採用になるので、自分の強みとなる経験値が求められます。結婚、出産で一度退職という形を取る予定であれば、中途半端な辞め方をせずに、復職することを念頭に置いて経験を積んでおく必要があるのです。

 

「前職の退職理由は出産と育児でした。しかし、前職でこのような仕事をしており経験がありますから、私を採用していただくと御社にことようなメリットがあります」という形での転職を行うことがベストです。20代・30代女性には結婚、出産、育児と人生で大きな仕事がありますが、可能な限り社会復帰して豊かな人生を歩んでください。