転職で使う履歴書のフォーマット選びのコツ

20代・30代女性の中で転職を希望されている方がはじめに取り掛かるのが履歴書の作成ではないでしょうか。履歴書は市販されているため、購入してそれを埋めていけばよいと考えている方も多いはずです。

 

しかし、適当に購入してしまっては適切なアピールが出来ないことがあります。場合によってはマイナスに働いてしまう事もありますから、どういったフォーマットを選ぶかという事は重要なことでもあるのです。

 

職務経験がほとんどない女性は履歴書に何を書けばいい?

20代・30代女性の中でも、学校を卒業してからそれほど年数がたっていない方は職歴や資格などを多く書くことは難しいでしょう。こうした欄が大きく空白になってしまっていると、採用担当者から見た時にアピール力が少なくなってしまいます。

 

こういった方は、職歴欄や資格欄が少ないものを選んだほうが書きやすくマイナスに働きにくくなります。その分、得意な科目や趣味といったところで個性をアピールできる欄がある履歴書を選んでみましょう。ぐっと魅力的な履歴書に仕上がるはずです。

 

20代・30代女性の中である程度仕事上の経歴があり、資格も多く取得しているという方が転職のために履歴書を書く場合は、逆に職歴欄や資格欄が広いものを選びましょう。アピールできることがあるのに欄が少ないから省かなくてはならないとなると、せっかくのアピールポイントを失ってしまうことになります。

 

自分がアピールできるポイントはしっかり書き込めるように広いスペースのあるものを選びましょう。また、弱点だと思っているところ、書くことがほとんどないような項目は少ないか存在しないようなものであれば理想的です。

 

わざわざマイナスに働くことを書くことはありませんし、空白を作る必要もないのです。20代・30代女性の転職は簡単にできるものではありません。それなりの競争率を勝ち抜くためには戦略が必要です。

 

履歴書は転職先の採用担当者がはじめにあなたの情報を確認する物だからこそ、効率的なアピールをしていく必要があるのです。

 

市販の履歴書を選ぶ際のポイントは?

市販の履歴書を使うのであれば、いくつかのものを比較してみましょう。もともと転職者用として作られているものもあります。職務経歴を記入する部分が広いという特徴があり、ある程度キャリアのある方はこうした形が使いやすいでしょう。

 

そうでない方は一般的なものの中で自分が記入しやすいと思うものを選んでみましょう。経歴や資格などで客観的にアピールしにくい若い方は、自由記述が多いものを選ぶと自分なりのアピールがしやすくなります。

 

市販の履歴書で書きにくさを感じる場合は自分で履歴書のフォーマットを作ってしまうという手もあります。市販のものを参考に、自分のアピールしたいことの欄が広いフォーマットを作ってみましょう。

 

いくつかパターンを作ってみて、よりアピールしやすいものを選ぶとよいです。こうした工夫をしてベストな履歴書を作っていくことで、20代・30代女性の転職に役立つ大きな武器となってくれるはずです。