転職での書類送付時に忘れがちな添え状とは

20代・30代女性転職を成功させるには、応募書類をきちんと正確に記入するとともに、人物像をイメージしてもらう応募書類を作るというのが大きなキーポイントになってきますが、その中には添え状というものがあります。

 

添え状って何?

ではこの添え状というものは何でしょうか?中にはこの添え状というものの存在を知らない方も多いかもしれませんが、採用担当者の気持ちになって考えたときに、添え状を送る必要があるでしょう。この添え状とは皆さんが転職採用を希望している会社に応募書類を送るときに添える手紙の事です。

 

たいていの場合、履歴書や職務履歴書を郵送するわけですが、その封筒の中にただ履歴書と職務履歴書だけを入れて郵送するならそれを受け取った人はどのように感じるでしょうか?

 

もちろんその応募書類を送るだけで、この人がこの会社に応募したいと思っている事は伝わりますので採用担当する部署に回してくれるでしょうか、敬意を書いてしまう事になるではないでしょうか?

 

例えていえば、皆さんの家に何か贈り物が友人から贈られてきたとしましょう。しかしその贈り物の中に何も手紙などが入っていなかったとしたら、なぜ、友人はこの贈り物を贈ってきたのだろうと疑問に思ったりして友人の気持ちを詳しくする事ができないでしょう。

 

それと同じように応募書類とともに送付状を送るのは相手に対する敬意の気持ちを示すとともにビジネスマナーがわかっている人であるというのを相手方に印象付ける事ができるでしょう。

 

確かにその送付状によって採用が決まる事はないかもしれませんが、細部を大切にするならばこの転職を成功させたいという強い気持ちを示す事ができるでしょう。

 

20代・30代女性はどのような送付状を記入すればいいの?

では20代・30代女性はどのような送付状を記入する事ができるのでしょうか?手書きかパソコンで記入するかはその人の自由ですが、もし手書きで記入しようとするならば、綺麗な丁寧な字で記入するように心がけるべきです。

 

字が上手か下手かはすぐに改善できる問題ではありませんが、丁寧に書いた文字かどうかというのはすぐに伝わるものです。それで20代・30代女性の皆さんは、くだけた文字ではなく楷書で丁寧に書きましょう。

 

送付状の内容はどのようなものにすべきでしょうか?まず日付と自分の氏名、所属先を正確に記入します。もし他の会社にも応募書類を送っている人はこの送付状を使いまわしている事が分からないように間違いがないか何度も見返しましょう。

 

その後に頭言葉を記入し、この転職の応募動機を記します。この応募動機は出来るだけ自分の言葉を用いましょう。提携文などを移したら間違いのない文章を作る事ができますが、自分の個性を伝える事はできません。

 

それで、当たり障りのない文章ではなく、自分の考えや気持ちを記すようにしましょう。20代・30代女性であれば、自分の得意分野や人間関係をスムーズに行なえるなど正確面でのアピールも盛り込む事ができます。

 

最後に20代・30代女性の転職を成功させるために出来る細かなこととして、履歴書などの応募書類とこの添え状のサイズをあわせるようにして、志望している会社への細かい配慮を示しましょう。