転職で読んでもらえない書類5つの特徴とは

20代・30代女性転職をするという時に、注意して欲しいことがあります。書類についてなのですが、ここをしっかりしないと、そもそもしっかり読んでもらえず、その先の選考に進めないということになりかねません。

 

それでは、せっかく転職に踏み切ったのに意味がなくなってしまいます。

 

転職で読んでもらえない書類の特徴@

1つ目は、ビジネスマナーがなっていないことです。もちろん、20代・30代女性のみなさんがなっていないということでは決してありません。むしろ、みなさんのほとんどはちゃんとしています。

 

ですが、中には最低限のことも出来ない人がいるのです。選考担当とは言っても、完璧を望んでいる人はあまりいません。もちろん完璧に近いほうが良いのだとは思いますが、せめて最低限です。ここが出来ていないと、読むのを諦めてしまうかもしれません。

 

転職で読んでもらえない書類の特徴A

2つ目は、読みにくく分かりにくいことです。人の字はそれぞれですが、あまりにも読みにくかったり分かりにくいと、途中で読むのを諦めてしまうかもしれません。人の字には多少の癖がありますが、それが読みにくいほうの癖であってはいけません。

 

自覚がある人なら直さなければいけませんし、そうでない人でもまずは1度誰かに見てもらったほうが良いかもしれません。

 

転職で読んでもらえない書類の特徴B

3つ目は、小さな文字がぎっしり書かれていることです。20代・30代女性ならそれが癖という人もいるでしょうし、単純に書きたいことが多すぎてという人もいるでしょう。中身がすかすかなよりは良いのですが、あまりにも小さい字がぎっしりだと、そもそも読めなかったり読みにくい人もいるわけです。

 

そこまでしっかり考えて書かないと、中身はちゃんとしていてもスルーされるかもしれません。読まれるということを、ちゃんと意識しましょう。

 

転職で読んでもらえない書類の特徴C

4つ目は、相手が知らない用語を多用することです。特に、カタカナ語をあまりにも多用する人は鬱陶しいと思われます。その用語がみんな知っているような当たり前のものなら良いのですが、知っているのを良い気になって使ってしまうと、意味が全く伝わらないかもしれません。

 

そうならないよう、よく分からない用語は使わないようにしましょう。

 

転職で読んでもらえない書類の特徴D

5つ目は、誤字脱字が多いことです。早く書かないといけないと思ったのかもしれませんし、単純にミスをしてしまったのかもしれません。ですが、誤字脱字が多いということはしっかり確認をしなかったということで、そこに問題があるのです。

 

書き終わったら確認するというのは、当たり前のことです。

 

 

20代・30代女性の転職に関わらず必要なことですが、絶対に注意をしなければなりません。20代・30代女性によくある字というのはあるかもしれませんが、それが読みにくかったら意味がありません。しっかり書くようにしないといけないのです。

 

転職でなくても当たり前のことですし、ここがしっかり出来ないと転職も上手くいきません。字というのはそれくらい大事で、本当はもっと気をつけていいくらいなのです。