転職での応募書類の書き方のコツ

20代・30代女性にとって転職するというのは勇気のいる事になるでしょう。しかしもし転職を成功させる事ができるならば、待遇面でも良くなりますし、自分の力を認めてもらったという喜びに満ち溢れるでしょう。

 

では20代・30代女性の転職を成功させるためにどんな事ができるか考えて見ましょう。今回皆さんと考えてみるのは応募書類の書き方です。

 

応募書類の書き方のコツとは

応募書類には履歴書、職務履歴書、そして送付状があります。この三つを正確に記入するのが基本になりますが、書き方のコツがあります。それはその応募書類を通して自分がどんな人かを示すという事です。口で言うのは簡単ですがこれには技術が必要です。

 

まず考えておかなければならないのは人事を担当して採用かどうかを決める人は本当に多くの採用希望者の応募書類を目にしているという事です。それで、基本的な事だけを記入しているだけでは、ただ20代・30代女性が応募してきたと感じるだけになってしまいます。

 

それで記入している部分から自分が仕事についてどのように向き合ってきたのか、難しい状況でもどのように辛抱しながら仕事を続ける事ができる人なのかを文章で伝える事ができます。

 

もしそのようにするなら皆さんの応募書類はただの書類だけ出なくて、彩りを持つものになり採用を担当する人も、人物像を思い描きやすくなります。もし採用担当者が、応募書類を見て、その採用希望者に魅力を感じてくれるなら、この人に会ってみたいと思い、皆さんの転職はきっと成功するはずです。

 

どうやって応募書類を魅力的なものにするの?

ではどのように応募書類を魅力的なものにする事ができるでしょうか?まず送り状ですが、これには私達の性格が反映されます。この送り状は長々と書く必要はありませんが、必要な情報を簡潔に記し、そして志望している会社への気持ちを示す事によって、丁寧な性格であること、そして相手への敬意を示す事ができます。

 

履歴書はまず、読みやすいという事が肝心で、必要な情報が正確に記入されているかを何度も見直す必要があるでしょう。そして20代・30代女性の転職を成功させる一つの鍵ともいえるのが職務履歴書です。

 

なぜなら職務履歴書はある程度自由に記入して自分のアピールを行う事ができるからです。それでこの職務履歴書では、今まで行なってきた職務のデティールを細かく書くときに数字なども含めるようにしましょう。

 

例えば大人数のグループをまとめてあるプロジェクトを成功させたときには、そのプロジェクトに参加した人数や、そのプロジェクトが行なわれた期間を正確に記入するなら採用する側の人もイメージしやすくなります。

 

またただ在籍していた部署を記すだけでなくて、その部署で苦労した事や、上手くいったことも記入する事ができるでしょう。例えばある部署では最初は業務についていくことが大変困難で悩んだりしていましたが、仕事の時間以外にもその業務の事を勉強した結果、その業務が返って得意分野になりましたとなど記入することが出来るでしょう。

 

今回考慮したのは20代・30代女性の転職を成功させる秘訣として応募書類を彩りのあるものにして採用担当者に人物像をイメージしてもらう事でした。