転職での応募書類に関する絶対NG行為とは

20代・30代女性転職する際には、経験を活かした転職活動をするのか、全く異なる業界での転職活動を行うのかで、履歴書の内容が全く変わってきます。

 

履歴書の志望動機欄は、唯一文章で自分を表現できる箇所です。だからこそ20代・30代女性が転職する場合には、志望動機欄が重要となるのです。多くの20代・30代女性転職希望者が、志望動機欄の対策を行っていますので、志望動機欄でそれ程差を付けることができなくなっているのが現状です。

 

だからこそ、志望動機欄にヘタなことを書いてしまうと、致命的になってしまうということも言えます。

 

20代・30代の女性転職者が、一番やってはいけない事とは

20代・30代の女性転職者が、一番やってはいけないのは、マニュアル的な表現に終始して、中身の無い文章を書いてしまうことです。正直なところ、採用する側はマニュアル的な表現に、飽き飽きしています。

 

例えば、「私は、〇〇の経験が豊富にあって、それを御社で活かしたいので志望しました」といったような、よくある書き方があります。これは、採用側としては「どこかで目にしたような、どこかから引っ張ってきたような文章だな」ということで、まず良い印象を抱くことはまず無いでしょう。

 

応募側としては、このくらい書いておけばいいのかな、という無難さを感じて書いてしまうと思うのですが、これは無難どころではなくて、応募に対する意欲とか、その人の能力などに対しても疑問符を抱かせるマイナス要因となってしまう危険性が大と言えます。

 

20代・30代女性の志望動機欄の書き方のコツとしては、あまり型にはまらないように書くことを意識します。どこかから借りてきたような文章ではなく、極力自分の言葉で表現することを意識してみて下さい。

 

完結な文章の中にも個性や、自信、魅力などが垣間見えて且つ、印象に残るような文章を心がけましょう。志望動機欄で、点数を稼がなくてもいいと、投げやりになるよりも、少しでも良い印象を持ってもらって点数を稼げるようにしましょう。読み手の注意を引くような、あなたならではの要素を盛り込んでいく、ということを念頭において下さい。

 

履歴書を使い回すのは止めよう!

また、履歴書は何枚も書く作業は、時間がかかり面倒ですが、だからといって面接に落ちて返却されてきた履歴書を使い回すのは止めましょう。履歴書の折り目が深くなっていたり、何人もの手に渡ったかのような紙質は、面接官の目にはすぐに、使いまわしだとバレてしまうものです。
また、履歴書に貼っている写真の髪形が大幅に変わっていたりすると、証明写真をケチって使いまわしている、と見破られて印象を悪くしてしまいます。

 

履歴書は、1社毎に真面目に書いていれば、それぞれ異なる内容になる筈です。使い回せる程度の内容ということは熱意の感じられない内容の薄い履歴書ということになります。

 

どんなに面倒であっても、丁寧に心を込めて書くことで、面接官の気持ちを掴みましょう。20代・30代女性は、履歴書を書く前に、今一度、志望動機や何故転職したいのかをしっかりと考えて文章にまとめてみると、実際に面接で志望動機を聞かれても答えやすくなりますよ。