転職で必要な履歴書と職務経歴書の違いとは?

誰でも今の仕事ではなくほかの仕事や職場に移るときはどうしたらよいか分からなくなってしまう事があるでしょう。しかし、この人生の変化のときをうまく乗り越えていく事ができるなら、これからの人生にとって必ずプラスにつながっているでしょう。

 

特に20代・30代女性の場合もし転職を考えているなら少し慎重になってしまうかもしれません。

 

なぜなら、もしかしたら結婚、出産を控えているかもしれませんし、キャリアウーマンとしてバリバリやって行きたいなら働く会社の将来性や女性として働きやすい職場かどうかを考えなければなりません。

 

履歴書と職務履歴書はどのように異なる?

どの転職の場合でも、一番最初に決めなくてはいけないのは、自分がどんな事を職場や会社に求めているかという自分を知る事ですが、その後に志望を絞っていき、履歴書を送付する形になります。

 

このとき履歴書だけでなくて職務履歴書を送付するようにとなっている会社が個々最近増えてきました。ではそもそも履歴書と職務履歴書はどのように異なるのでしょうか?

 

特に以前はあまり職務履歴書という存在を耳にしてこなかった20代・30代女性の方もいらっしゃるでしょう。しかし、この職務履歴書というのは転職を成功させるのに非常に重要なアイテムになってきますので、詳しく知る必要がるでしょう。

 

まず疑問になる事とは

まず疑問になるのが履歴書にも職務の履歴を記入する部分がありますので、その記入部分と職務履歴書がどのように異なるのかという疑問がわくかもしれません。それで最初に整理しておきたいのが履歴書と職務履歴書の目的を知っておく必要があるでしょう。

 

履歴書の目的は採用を希望している人がどのような人物なのか、どこに住んでいて、どのような人生を送ってきたのかを概観できる資料となっています。それに比べて職務履歴書は、基本的にどのような会社に勤め、どんな仕事を行なってきたのかをより詳しく知る事のできる資料となっています。

 

それで履歴書の職務履歴の中にはいつ入社してどの部署で働いてきた課などの基本的な情報を記す事ができますが、職務履歴書ではより詳しくその部分を膨らませながら記入する事が出来ます。

 

職務履歴書は決まったフォーマットがあるわけではありませんので、この職務履歴書で自分を上手にアピールする事ができますし、この出来によって転職が成功するかどうかが決まってくるといっても過言ではありません。

 

20代・30代女性の方はどのように職務履歴書を記入すればいい?

では20代・30代女性の方はどのように職務履歴書を記入していけばよいのでしょうか?もちろん今までの職場で行なってきた仕事内容についてもれなく記入していく必要があります。参加したプロジェクトやそのプロジェクトでどんな役割を果たしていたのかも正確に記入してアピールする事ができます。

 

20代・30代女性の場合であれば、その以前の職場で果たしていた業務だけでなくどのように取り組んでいたのかも書くことによって人となりを知ってもらえるチャンスとなりますので形式的な文章担ってしまうのでなく、人事を担当する人に見ていて興味がわく職務履歴書にしましょう。そうすれば20代・30代女性の方が転職を成功させる事ができるでしょう。