20代・30代女性の転職は資格があると有利?

20代・30代女性にとって転職は夢でもあり、一種の賭けでもあります。転職後に輝いている自分を想像できる反面、仕事がスムーズにいかずに落ち込んでいる自分の姿を想像してしまうこともあるでしょう。

 

20代・30代女性が新たな仕事にチャレンジしたいと感じる主な理由は、自分が就きたいと思っていた職種が見つかったことや、今よりも給料の高い仕事に就きたいというものです。

 

ある職種では資格を有している人が重要視される?

そして転職を考えるに当たり、資格の有無を考慮する女性が多いのも事実です。ある職種では資格を有している人が重要視されます。現に応募要項の中に「資格保持者優遇」といった文章を頻繁に目にします。確かにこのような仕事に就くためには資格を取得してから転職活動に励むことができます。

 

このような形で新たな職に就くことを考えている20代・30代女性の多くは、自分の夢に向かって一歩踏み出そうとしている人たちです。給料が増えることよりも、自分が好きなことを仕事としたいと感じているのです。

 

こうしたケースではたとえ一度や二度失敗しても、新たな道が開けたときに資格がそれを後押ししてくれることがあります。そのため時間を割いてそれを獲得することはお勧めです。しかし給料アップを目指して新たな職に就くことを考えている20代・30代女性に関しては状況が異なります。

 

このような場合、まず最初に考慮すべきなのは企業の現状です。不景気が続くようになってからというもの、どこの企業も即戦力となれる人を求めています。

 

まずは自分に問いかけたい事とは

このようなことを考えたとき、目に見える形で存在する免許が存在するよりも、体と頭が仕事に適して動く人のほうが重要視されることが多々あるのです。それで職場を変える前に、次のことを自問してみる必要があります。

 

それは「自分は新たな仕事場で即戦力となり、会社に貢献できるだろうか?それともある程度の時間を割いて仕事を覚える必要があるだろうか?」というものです。もし今すぐに職場を変えて新しいことにチャレンジしたものの、即戦力となれなければ給料アップはかなわないかもしれません。

 

しかし自分の思い通りにいかないからといって、計画を投げ出す必要はありません。

 

これまで考えてきたように、新たな職場で即戦力となるためにできることがあります。それは今の職場と同じような職種の企業に転職し、そこでこれまで自分が学んできたスキルを活かすということです。

 

また前職場で様々な実績を残してきたのであればそれが新たな職場で採用されることを後押ししてくれるために、今の職場で最善を尽くすことができます。これまで何を行ってきたのか、そしてこれから何を行えるのかを真剣に考慮することが新たな職場で高い給料を手にするためのキーポイントとなるわけですから、今の状況をステップアップの一環とみなすべきです。

 

今現在、多くの20代・30代女性が様々な職場で活躍していますので、ふさわしい状況でステップアップのための第一歩を踏み出すことができれば、成功の道のりはそれほど遠くはないといえます。