自己分析で弱みを見つけ効果的な自己PRに変える方法

転職を考えている20代・30代女性の中には次の就職面接の際にどのような受け答えをすべきかで悩んでおられる人がいます。もちろん模範的とも思われる受け答えは面接官に好印象をあたえます。

 

しかしこれから企業で戦力として働いてもらうためにはその人の本質を見極め、適正を知ることに努める面接官もいます。このような面接官の中には自分の欠点やこれまでに経験した仕事上での嫌な思い出について尋ねてくる人がいます。

 

こうした状況を考慮し、あらかじめ自分の欠点や嫌な思い出について考えておくことも転職のための面接に対するふさわしい準備となります。20代・30代女性は頭の回転が速く、それでいて器用であるために会社の中では重宝される存在です。

 

そのため重要な仕事を任されることも多々あるわけですが、このような状況下で突然会社を辞められては困ります。それで面接官の中には面接に訪れた20代・30代女性に自分の欠点や嫌な思い出について尋ね、その人がこの先、人間関係などの問題に直面したときでも会社を辞めずに長い間戦力として働いてくれるかどうかを確かめることがあるのです。

 

このようなことを念頭に置き、自分の短所とは一体何なのかをあらかじめ考えておくことができます。もしこの点について自分では判断しかねないと感じるなら、同僚や先輩、または友人にお願いしてそれを見つけてもらうことができます。

 

欠点をプラスに変えるには?

もちろん誰にでも欠点はあるものです。しかしそれをマイナスと見るのではなく、転職の際にプラスの方向に上手く持っていくように心がけます。これまで何度も述べたように、面接官の中には面接に訪れた20代・30代女性に自分の欠点についての質問をしてくる人がいます。

 

たとえばすぐに怒る性格の持ち主は、和を乱す傾向にあります。そのためこうした人を採用したいと感じる面接官はいません。しかしすぐに怒る性格ではあっても、仕事ができる人であればその人を採用したいという気持ちに駆られることでしょう。

 

このような人の場合、面接官の「あなたの欠点を述べてください」という質問に次のように答えることができます。「私の欠点はすぐに怒ってしまうことです。しかしこの欠点を改善しようと、自分がミスを犯したときに同僚が優しくしてくれたことを思い出したり、周りの人に怒り散らしてしまうとどのような結果になるのかを考え、怒りを抑えるように努力しています」。

 

このように返答するなら自分の欠点をよく理解し、尚且つそれを改善しようと努力しようとしていることを伝えることができ、転職に前向きな姿勢でいることをアピールできます。また冷静に物事を判断し、それに向かって取り組む能力のある人であることを知らせることもできるので。

 

会社の戦力となる20代・30代女性は非常に貴重な存在です。そのため転職の際に行われる面接にはよく準備して臨み、あらゆる角度からなされる質問に対して上手に答えられるようにするべきです。