自己分析ではまず転職の目的を明確に!

あなたは今の仕事についてどう思っていますか?「自分にこの仕事は向いていないんじゃないか」「もっとキャリアアップしたい!」と思ったら、直ぐに転職しましょう。あなたのような20代・30代女性の女性には、転職してキャリアアップをするチャンスがたくさんあります。20代・30代女性が転職を考えることも多いです。

 

転職をするなら?

転職をするのであれば、転職サイトを利用してみてください。転職サイトには、20代・30代女性が転職先に選びたくなるような仕事もたくさん情報が載っています。まずは転職サイトであなたがやってみたいと興味を持てる仕事を探してみましょう。

 

ある程度やってみたい仕事を絞れたら、いよいよ業界研究です。業界研究はとても重要なことです。業界のことをある程度知っていばければ、面接で面接官にやる気を問われるからです。業界について調べておき、仕事の現場についても色々知る必要があります。転職先でミスマッチがあるとまた転職しなければならなくなってしまいます。

 

面接で退職理由を聞いてくることもある!その対策が重要!

面接では、あなたが退職をした理由を聞いてくるでしょう。そのとき、退職の理由についてネガティブに答えてはいけません。ネガティブな退職理由は、面接官に良い印象を与えません。「我が社に採用されても、またネガティブな理由で退職してしまうかもしれない」というように思われてしまうからです。

 

面接官は20代・30代女性に多くの期待を寄せています。女性特有の細かいところに気遣える優しさや細やかさを面接官は欲しています。けれど、退職理由をネガティブに言ってしまうことで、あなたの評価は下がってしまいます。

 

面接官に退職理由を聞かれたときは、ポジティブな理由に変化させて答える必要があります。ネガティブはあなたの足かせになってしまいますので、例えネガティブな退職理由だったとしても、ポジティブに変換させてみましょう。

 

例えば、「自分に合った仕事ではないと思ったから」というネガティブな退職理由だったとします。この退職理由をポジティブに変化させるのです。「もっと自分を活かせる仕事があると思い、キャリアアップをしてみたいと思ったので退職しました」「前の仕事をしている内に、御社の仕事を知って興味を持ちました」などです。

 

ネガティブな退職理由は、言い方によっていくらでもポジティブなものに変化させることが出来ます。

 

企業の採用担当者が求めている事とは?

ポジティブな考え方の出来る人を企業の採用担当者は求めています。大変な仕事を任せても大丈夫な人間かどうかを見極めるためです。20代・30代女性は特にそういった環境に耐えられるかどうかを求められています。

 

面接が不安なときは、転職サイトのプロのアドバイザーに頼んでみてください。模擬面接をしてくれたり、面接時に気を付けることをアドバイスしてくれます。

 

いかがでしたか?転職をすることは難しいかもしれませんが、あなたの人生を豊かにしてくれます。自分に合った仕事を見つけることで、あなたの心も余裕が出てくるはずです。