転職では求人情報収集と自己分析を同時に行うメリット

20代・30代女性にとって転職は大きな人生の転機となります。転職したいと思うもののなかなか踏ん切りがつかなかったり、今の職場に不満を抱えているものの、転職して上手くいくかどうか自信がないという20代・30代女性も沢山いらっしゃるのではないでしょうか?

 

しかしこの転職を考えるというのは人生の中でも貴重な体験ですし、自分の人生をもう一度見つめなおす良い機会ともなるでしょう。

 

もちろん転職せずに一つの職場で定年まで勤め上げる事が出来る環境にある人もいるかもしれませんが、今の時代はそのように出来るケースは限られており、自分の働きたい職場や業種は自分で決めて動いていく事によって充実した人生を過ごす事ができますし、待遇面でも良いものを勝ち取る事ができるでしょう。

 

20代・30代女性が転職を考えるときには?

では20代・30代女性が転職を考えるときに、まずはどんな仕事先があるかを求人情報誌やインターネット、ハローワークで情報収集するでしょう。そのときに必ず感じるのが、自分の希望に沿うかどうかには関わらず、世の中には沢山の業種が存在し、沢山の職場があるという事です。

 

この時点で20代・30代女性のある方は自分がどんな仕事をしたいか分からなくなってしまうケースもあるようです。しかし考え方によってはこの時が一番自分を分析するチャンスとなるのです。なぜならこの沢山の求人の情報を目にした時に、本当に自分がしたい仕事はなんだろうかと自分に問う事ができるからです。

 

中には一番大切なのは給料などの金銭面だと感じる方もいらっしゃるでしょう。そのような方はとにかく給料が良いのはどこの会社だろうかと考えていく事ができるでしょう。他には自分の好きな働き方を求めている20代・30代女性もいるでしょう。

 

確かに仕事は大切だけれども、プライベートも大切と考えておられる方もいらっしゃり、考え方はそれぞれです。そのような方は自分の働きたい働き方、ある程度自由なシフトを組める事を念頭において次の転職先を探す事ができるでしょう。

 

応募書類の志望動機欄に何を書く?

それ以外には、次に働きたい業種を思い描いておられる方もいらっしゃるでしょう。どの応募書類でも志望動機という欄が存在します。

 

その欄をただ定型文で埋めるのではなく熱い気持ちを込めて記入した買ったなら、自分の動機を再度吟味して、自分はなぜこの職場に転職したいと思っているのだろう、この職場に転職できたとして、自分の目標はどのようなものになるのだろうと考えてみると良いでしょう。

 

また動機のような気持ちの部分に加えて、自分の仕事のスキルや長所についても考えてみる事ができます。そうするならおのずと自分が向いている仕事場や業種を選ぶ事が出来るでしょう。

 

このように気持ちを落ち着けて自分を分析する機会はこの転職を考えている時期においてないはずです。それでこの転職を考えている時期を、ただ転職を成功させるだけでなく、自分の人生を見つめなおす良い機会と考えて、そのように時間を過ごしましょう。