女性の転職には男性にはないポイントがある

新卒で入った会社が自分にとって理想の職場で、そのまま定年まで勤め上げたというのはうれしいことですが、なかなかないことです。特に最近は景気の悪化で、会社自体が利益をひねり出せるよう変質していくところも多く、労働条件の変化も顕著です。

 

そういうときに転職を考える女性もいるでしょう。ただ女性は、男性以上に考えなければならない点もあります。

 

25歳、26歳くらいは転職をしやすい年齢

このくらいの年齢で前職の経験がある場合だと、すでに社会人として基礎ができており、かつ以前の会社の働き方が染み付いてもいない、ちょうど良い素材です。転職するとしても、せめて入社して3年くらいは働けという言葉には、こういった意味もあります。

 

30代の転職は高いスキルを求められる

30代くらいでは、能力といってもマネジメントスキルなど、自分だけではなく人をとりまとめる力も必要になってきます。それがないのなら、非常に高い専門的な能力が求められます。あるいは、年下の上司であってもうまくやれるような、円滑なコミュニケーションがとれること、というのも大きな力でしょう。

 

このうちどれもないのなら20代を採用するでしょう。プラスアルファが求められるようになるのです。そして女性全体に通じる関門もあります。

 

30代までの女性に対して採用担当者は、結婚、出産について聞きたい

女性を雇用した場合、企業側としてはやはり、結婚したときに辞められてしまうリスクについて考えます。最近では共働きが増えているとはいえ、まだ専業主婦を良しとしている考えも根強いからです。

 

またた子育ては、出産前後には体のための休暇、産後には赤ちゃんのための休暇が必要ですから、企業としては、こういう女性が安心して働ける職場、というイメージを出せれば良いことではあるのですが、社員に対する出費には違いないです。

 

ですから転職しようというとき、採用担当者の頭にはこの二つが必ずあります。

 

しかしこれがセクハラにあたるとして、応募してきた女性に質問してはいけないという社会の流れになっています。むしろ健全な企業ほどこういった質問をしてきません。

 

ですから、即戦力となり、長期的に戦力となってもらえますか?といった質問が来たら、結婚、出産について聞いているのだと察しましょう。この場合、思い切った答えとしては、結婚出産の予定がないのなら、自分から、結婚や出産の予定がない、と言ってしまえば安心を与えることも可能です。

 

40代になると求人が増えることがある

40代になれば、さらに高い能力が求められます。管理職としての採用、あるいは賃金が下げられた上での下の立場での採用、といったものになるでしょう。

 

ただし、この年代の場合、これから結婚や出産など人生の大きな変化が起こりにくいとみなされることで、むしろ30代後半よりも求人数が増えることもあるので、女性の場合は子育てに一段落ついたときに求人を探したりするのもいいでしょう。

 

もちろん転職をしないという決断もある

転職をするのに様々な理由はあります。しかし、新卒からそのまま働き続けていた人に対して、会社は、能力が計算できる人でもあります。すぐに転職をするのではなく、いろいろな交渉をゆっくり進めてみると、思わぬ好転があるかもしれません。

 

転職に力を入れるなら、今の会社にも力を入れてみましょう。