女性の転職先で人気の業界の傾向

女性転職を考えているという方は、今の時代では珍しくありません。転職位と一言で言っても、自分の憧れの業界を目指す方もいれば、今までの経験を活かし、さらにステップアップを目指して転職をされる方もいます。

 

また、現在の職場での人間関係に不満があり、新しい職場を求める方も多いです。今、日本で女性の転職先として人気の業界はどのような傾向があるのでしょうか。

 

憧れられている業界とは?

女性の転職先として憧れられている業界…それは化粧品業界であるといえるでしょう。特にマーケティングやPRの仕事は、雑誌などでも活躍することができます。
イメージ的にも華やかな仕事ですし、キラキラと輝いて見えるため、憧れている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、残念ながら未経験から人気の業界に転職するのは難しい側面があります。特に大手企業は人気であり、相当な倍率であることも珍しくありません。華やかな仕事に就くには、それなりの経験・スキルが必要とされますし、自分に何ができるのかということを考えなければいけません。

 

経験を若いうちから積んでおくことも大切です。またどうしても目指したい憧れの業界があれば、今までのキャリアを生かしステップアップをすることが近道であるといえます。憧れの業界に転職をするためには、努力をする必要があるといえるでしょう。

 

最近では、現実的で慎重

実際に転職活動をされている女性は、現実的で慎重となっていることが多いようです。特に最近では、現実路線の方は多いです。女性は男性よりも、現実的でシビアな側面があります。

 

このため、転職先もアラサーの女性などは、今後の妊娠・出産なども含め、長く働き続けることができる職場を求めるケースが多いといえます。

 

企業はまだまだ男性が中心の社会となっています。このため、長く働き続けている女性のロールモデルが少ないため、特にアラサーの女性にとって、長く働く環境が整っている企業は人気の傾向があります。

 

また、残業が少ない・女性の子育てに理解がある企業は人気の傾向があります。

 

女性の求人が多い職業とは?

逆に女性の求人が多い職業とはどのような職業があるのでしょうか。まずは、ウェディング業界や、サービス業、ホテル業など、ホスピタリティ業などには女性の需要が多いといえます。今はサービス業ではまだまだ人材不足の企業も多く、女性積極的に採用している企業は多いのです。

 

また、医療系の職種でも、まだまだ人手不足であり、特に介護職は女性の資格取得者は引く手あまたであるといえるでしょう。

 

女性ならではの気づかいや、心配りなどを生かすことができるような、営業職や販売職も女性の需要が見込まれています。最近では、人材派遣業界、人材紹介業なども需要が増えており、こういった職種でも女性の活躍が見込まれていて、需要が豊富となっています。

 

もしも転職を考えているのであれば、需要の豊富な業界も一度視野に入れてみるとよいでしょう。