転職活動は退職前?退職後?メリット・デメリットとは

20代・30代女性が行う転職活動において、転職活動を行うタイミングは退職前がよいのでしょうか?それとも退職後がよいのでしょうか?両方のメリット・デメリットを解説しながら20代・30代女性の転職希望者に有利な情報をお届けします。

 

退職前に転職活動を行うメリット・デメリット

退職前に転職活動を行うメリットは、何よりも「生活収入が安定したまま、活動を行える」ということです。転職は現在の会社に在籍しながら行えるため、生活基盤としての収入を得ながら次に働く会社を決めることができます。そのため、転職活動先の書類応募や面接などにおいて有利に働きます。なぜなら「働き慣れている」というメリットがあるからです。

 

これが働いていない状態ですと、20代・30代女性の場合、家庭に入ったり、家事手伝いなどの「言い訳」が出来てしまいます。また。面接担当者にも働き慣れていない人が応募してくることで、選考に影響が出ることがあります。ですから退職前に転職活動を行うことは大切です。

 

デメリットは転職活動の時間が少なくなるということです。会社勤めをしながら活動するのは、勤務が終わってから転職活動をすることになりますから、どうしても使える時間に限りがあります。デメリットは「時間」なので、疲れた体で行わなければならないという点はどうしても退職後に活動する人に比べ、不利になります。

 

 

退職後に転職活動を行うメリット・デメリット

退職後に転職活動を行う場合のメリットは「時間があり、書類や面接練習を心ゆくまで行える」ということです。退職後は失業保険も出るため、一定期間なら失業保険をもらいながら活動ができます。時間的な余裕は仕事をしている人よりも遥かにあるため、時間という面では非常に有利に働きます。

 

デメリットとしては、働く場から離れることで勘が鈍ることが挙げられます。常に働いている人が]すぐ次の職場に行くのと、働き慣れていない人が転職先に行った場合、慣れるまでの時間がかかります。そのため、応募してもなかなか受からないということがあります。

 

「働き慣れ」というのは常に働いていないと養われない感覚です。私も経験がありますが、一度働く場から離れてしまうと、一ヶ月ほどですでに働くという勘は鈍ってきます。そして転職活動が長くなればなるほど、その勘を取り戻すのには多大な時間がかかってしまいます。だからこそ早め早めの行動が大切になってくるのです。

 

とはいえ、20代・30代女性は現在の労働市場ではまだまだ勝てる要素がたくさんあります。アルバイトや派遣などでも20代・30代女性の年代ならばデータ入力やコールセンターといったデスクワークもたくさんあります。

 

こういったものを利用して、繋ぎとしての労働場所の確保もできやすいです。退職前・退職後、それぞれにメリットとデメリットが存在しますが、一長一短です。しかし、後々のことを考えると、退職したらすぐ次の職場に間髪入れず入ることができるほうが一番よい転職活動になることは間違いありません。